○雲南市職員提案規程

平成18年6月30日

訓令第28号

(目的)

第1条 この規程は、市の施策や事務事業に関して職員が自由に提案することにより、次の各号を実現することを目的とする。

(1) 事務改善の推進

(2) 施策や事業の充実

(3) 職員の意識啓発(育成)と職場の活性化

(4) 行財政改革の推進

(提案者)

第2条 この規程による提案は、雲南市の職員(臨時職員及び嘱託職員を含む。)が個人、2人以上のグループ又は課の単位で行うことができる。ただし、自由提案は個人での提案のみとする。

(提案の種類)

第3条 提案は、市行政に関する事務改善的提案、自由提案及び各職場で既に行っている活動提案とし、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 市民サービスの向上に役立つもの

(2) 事務及び作業能率の向上に役立つもの

(3) 経費の節減になるもの

(4) 収入の増加が期待できるもの

(5) 職員の意欲向上が図れるもの

(6) 行政施策又は行政運営に関するもの

2 提案内容が次の各号のいずれかに該当するものは、提案として取り扱わない。

(1) 推測や憶測でしかないもの

(2) 単なる批判や欠点の指摘を内容とするもの

(3) 業務上上司から命じられた業務に関する調査研究事項

(提案の募集時期)

第4条 提案の募集時期は、毎年9月1日から9月30日までとする。

(提案の提出等)

第5条 提案を行おうとする者は、提案票(様式第1号様式第2号又は様式第3号)に必要事項を記入し、添付資料がある場合はこれを添付の上、総務課行財政改革推進室長に提出するものとする。

(提案の処理)

第6条 当該提案の採否又は賞の選定については、審査委員会に付すものとする。

2 提案の処理にあたり、提案した者の氏名は秘しておかなければならない。ただし、受賞したものについては、この限りでない。

3 提案の採否に係る審査基準及び表彰の選定基準は、別表のとおりとする。

(提案審査)

第7条 提案に対する1次審査及び2次審査を行うため、1次審査委員会及び2次審査委員会を設置する。

2 1次審査委員会は、政策企画部長、総務部長、提案内容関連部局長、政策推進課長、人事課長及び財政課長で構成し、2次審査委員会は、市長、副市長及び教育長で構成するものとする。

3 提出された事務改善的提案は、1次審査委員会で審査を行い、このうち優秀又は採用と判定された提案に意見を付して2次審査委員会に諮り、賞を決定するものとする。

4 提出された自由提案及び各職場で既に行っている活動提案は、1次審査委員会で審査を行うこととする。

(審査結果の通知)

第8条 市長は1次及び2次審査委員会の審査結果を当該提案者に通知するものとする。

(表彰及び人事記録)

第9条 市長は、審査委員会の審査結果に基づき、優秀と認められたものに対し表彰を行うとともに人事記録にその旨を記載するものとする。

2 最も優秀と認められた提案者は、本人企画による県外研修を行うことができる。

(公表)

第10条 前条の表彰の対象となった提案については、庁内に公表するものとする。

(提案事項の実施)

第11条 市長は、審査委員会の審査結果に基づき、提案事項を実施することが適当であると判断したときは、当該提案事項に関係する課等の長に対し、その実施を指示するものとする。

(権利の帰属)

第12条 この規程により行われた提案に関するすべての権利は、雲南市に帰属するものとする。

(庶務)

第13条 この規程に関する庶務は、総務部総務課行財政改革推進室が行う。

(補則)

第14条 この規程に定めるもののほか、職員提案制度について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成18年7月1日から施行する。

(募集の特例)

2 第4条の規定に関わらず、平成18年度における募集は平成18年7月1日から行う。

附 則(平成19年3月27日訓令第3号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年8月23日訓令第15号)

この訓令は、平成22年8月23日から施行する。

附 則(平成31年3月22日訓令第2号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

職員提案審査基準

①有用性

内容

評点

市民サービス(公務能率)が非常に大きく向上する

10

市民サービス(公務能率)が大きく向上する

8

市民サービス(公務能率)がある程度向上する

6

市民サービス(公務能率)がやや向上する

4

市民サービス(公務能率)がほとんど向上しない

1

②経済性

内容

評点

非常に大きな経済(節減)効果がある

10

大きな経済(節減)効果がある

8

ある程度経済(節減)効果がある

6

やや経済(節減)効果がある

4

ほとんど経済(節減)効果がない

1

③実現性

内容

評点

直ちに実施が可能で実現が容易

5

多少の準備が必要である

4

相当の準備が必要である

3

内容の検討が必要である

2

期間的、技術的にも実現の可能性が低い

1

④研究努力

内容

評点

研究努力が大きく認められる

5

研究努力がかなり認められる

4

研究努力がある程度認められる

3

研究努力が少し認められる

2

研究努力があまり認められない

1

⑤創造性(着想性)

内容

評点

着想(工夫)が著しく優れている

5

着想(工夫)が優れている

4

着想(工夫)がかなり良い

3

着想(工夫)がやや良い

2

着想があまり良くない(工夫がみられない)

1

賞の種類

基準

優秀賞

2次審査において21点以上

努力賞

1次審査において21点以上

画像

画像

画像

雲南市職員提案規程

平成18年6月30日 訓令第28号

(平成31年4月1日施行)