○雲南市市税等滞納整理対策本部会議要綱

平成18年8月1日

訓令第33号

(設置)

第1条 市税等の滞納整理を積極的に行い、収入未済額の増大を防ぎ、収納率の向上を図るため、雲南市市税等滞納整理対策本部会議(以下「対策本部」という。)を設置する。

(定義)

第2条 この訓令において、「市税等」とは、次に掲げるものをいう。

(1) 市税

(2) 国民健康保険料

(3) 後期高齢者医療保険料

(4) 水道料金及び分担金

(5) 下水道等の使用料、分担金及び負担金

(6) 市営住宅等の家賃、敷金、共益費及び駐車場使用料

(7) 保育所保育料

(8) 幼稚園保育料

(9) 学校給食費

(10) 放課後児童クラブ利用料

(11) 市立病院等の使用料、診療報酬及び手数料

(12) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める収入

(所掌事務)

第3条 対策本部の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 市税等の滞納に関する総合的な対策の策定に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、市税等の滞納整理の実施に関すること。

(対策本部の組織)

第4条 対策本部は、本部長、副本部長及び本部委員で構成する。

2 本部長は、副市長をもって充てる。

3 副本部長は、市民環境部長をもって充てる。

4 本部委員は、健康福祉部長、子ども政策局長、建設部長、水道局長、教育部長、市立病院事務部長及び債権管理対策課長をもって充てる。

(本部長及び副本部長の職務)

第5条 本部長は、対策本部を統括する。

2 副本部長は、本部長を補佐し、本部長に事故あるときはその職務を代理する。

(部会の設置等)

第6条 対策本部に部会をおき、対策本部の指示により市税等の滞納整理業務を行うものとする。

(部会の組織)

第7条 部会は、部会長及び部会委員をもって組織する。

2 部会長は、債権管理対策課長をもって充てる。

3 部会委員は、第2条に掲げる市税等の徴収業務を所管する課長及び担当者をもって充てる。

(部会長の職務)

第8条 部会長は、部会を統括する。

(事務局)

第9条 対策本部の事務局は、市民環境部債権管理対策課に置く。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は本部長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年8月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日訓令第3号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年6月25日訓令第9号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年12月8日訓令第31号)

この訓令は、平成20年12月8日から施行する。

附 則(平成21年4月1日訓令第18号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日訓令第10号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日訓令第13号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

雲南市市税等滞納整理対策本部会議要綱

平成18年8月1日 訓令第33号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第3章 税・税外収入
沿革情報
平成18年8月1日 訓令第33号
平成19年3月27日 訓令第3号
平成20年6月25日 訓令第9号
平成20年12月8日 訓令第31号
平成21年4月1日 訓令第18号
平成23年3月31日 訓令第10号
平成27年3月23日 訓令第13号