○雲南市職員自己申告制度に関する規程

平成18年11月1日

訓令第40号

(目的)

第1条 この訓令は、雲南市行政の円滑な推進を図るため、職員の人事異動に関する要望等を取りまとめ、より良い職場環境を創出し行政運営の効率化を図り、もって市民サービスの向上に寄与することを目的とする。

(自己申告の内容)

第2条 自己申告の内容は、次のとおりとする。

(1) 所属

(2) 職名

(3) 氏名

(4) 生年月日

(5) 現住所

(6) 資格、免許

(7) 採用年月日

(8) 通算勤続年数

(9) 現在の課及び担当職務の在職年数

(10) 健康状態

(11) 職務について

(12) 職場等について

(13) 異動希望について

(自己申告の実施方法)

第3条 自己申告は、自己申告書(別記様式)により行うものとする。

2 自己申告書は、各所属長を通じ全職員に配布するものとする。

(自己申告の実施時期)

第4条 自己申告は、毎年11月中に行うものとする。

(自己申告書の提出方法)

第5条 自己申告書は、必要事項を記入の上、封入し総務部長に提出するものとする。この場合、封筒に「自己申告書在中」と表記し、「所属」、「氏名」を記入するものとする。

(自己申告書の取り扱い)

第6条 提出された自己申告書は、総務部長が開封し、市長、副市長、教育長、総務部長、総務部人事課長以外非公開とし、総務部長が保管するものとする。

2 自己申告書は人事に係わる事項のみの参考資料とし、他の利用目的には使用しないものとする。

(自己申告書の保存年限)

第7条 自己申告書の保存年限は1年間とし、保存年限後に裁断処分するものとする。

附 則

この訓令は、平成18年11月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日訓令第3号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

画像画像

雲南市職員自己申告制度に関する規程

平成18年11月1日 訓令第40号

(平成19年4月1日施行)