○雲南市ホームページ広告掲載取扱要綱

平成19年3月27日

告示第35号

(趣旨)

第1条 この要綱は、雲南市ホームページ(以下「市ホームページ」という。)に掲載する広告の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。

(広告の種類及び範囲)

第2条 市ホームページに掲載する広告は、バナー広告とし、市の広報媒体の性格上、その品位、公共性、公益性を妨げないものであって、市民に不利益を与えないものとする。ただし、次の各号に該当するものは掲載しない。

(1) 法令又は条例等に違反し、又は違反するおそれのあるもの

(2) 公の秩序又は善良な風俗に反し、又は反するおそれのあるもの

(3) 政治性のあるもの又は選挙に関するもの

(4) 宗教性のあるもの又は迷信若しくは非科学的なもの

(5) 社会問題についての意見広告又は係争中の声明広告

(6) 個人の名刺広告又はその疑いのあるもの

(7) 求人の募集を主たる目的とする広告及びこれに類するもの

(8) 社会的又は市民生活的な観点から適切でないもの

(9) 青少年の健全育成に支障があると認められるもの

(10) 消費者保護の観点から適切でないもの

(11) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)に定める風俗営業又は性風俗関連特殊営業等に係わるもの

(12) 雲南市又は他の地方自治体が広告の対象を推奨しているかのような表現のもの

(13) 前各号に掲げるもののほか、市長が市ホームページに掲載する広告として適切でないと認めるもの

2 バナー広告からリンクする団体等のホームページについては、前項に定めるもののほか、雲南市ホームページ広告掲載取扱要綱に係わる運用基準(平成19年雲南市告示第36号)に基づき、掲載の適否を判断する。

(広告の掲載位置及び掲載数)

第3条 広告を掲載するページは市ホームページのトップページとし、位置及び掲載枠数は市長が別に定める。

(掲載期間)

第4条 広告を掲載する期間は、原則1月単位とし、複数月の広告掲載申込があった場合は、その掲載期間を複数月とすることができる。ただし、年度を越える期間を指定することはできないものとする。

2 広告掲載の開始日及び終了日は、原則月の初めから末日までとする。

3 前2項の規定にかかわらず、月の初め又は末日が土曜日、日曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに12月29日から翌年1月3日までの日に当たる場合は、市長が別に定める。

(広告募集の周知)

第5条 広告掲載希望者の募集は、市ホームページへの掲載その他の方法で行うものとする。

(広告掲載の申込み)

第6条 市ホームページへの広告掲載希望者は、市長が別に定める日までに、雲南市ホームページ広告掲載申込書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による掲載申込みがあった場合で、必要と認めるときは、申込者に対し、資料の提出を求めることができる。

(広告掲載の決定)

第7条 市長は、前条の申込書を受理したときは、その内容を速やかに審査し、広告掲載の可否を決定し、雲南市ホームページ広告掲載決定通知書(様式第2号)により広告掲載希望者に通知しなければならない。

2 前項において、市長は、必要があるときは広告案の修正等の条件を付して広告掲載を決定することができる。

(広告バナーの作成及び提出)

第8条 広告掲載の決定を受けた広告主は、市長が指定する期日までに広告バナー(電子データ)を広告主の負担により作成し、市長に提出しなければならない。

(広告審査会の設置)

第9条 市長は、広告の掲載に関し次の各号に掲げる事項について調査審議するため、雲南市ホームページ広告審査会(以下「審査会」という。)を置く。

(1) 第7条に基づく広告掲載の決定等に関すること

(2) その他広告の掲載に関すること

(審査会の組織)

第10条 審査会は、委員長及び委員で構成する。

2 委員長は、政策企画部長をもって充て、委員は政策企画部次長、政策企画部情報政策課長、総務部次長、総務部財政課長、雲南市消費生活センター所長及び産業観光部商工振興課長をもって充てるものとする。

3 審査会の庶務は、政策企画部情報政策課において処理する。

(審査会の会議等)

第11条 審査会の会議は、委員長が必要の都度招集し、会議の議長となる。

2 審査会の議事は出席者の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

3 審査会の会議を招集する暇がないと委員長が認めるときは、回議により審査を行うことができる。

4 審査会は、必要があると認めるときは、広告案に関連する課の長に対し、その表示内容等について意見を求めることができる。

(掲載の順位)

第12条 広告掲載希望者が告示第3条に規定する掲載枠数を越えたときは、次の順序により掲載を決定する。

(1) 第1順位 国又は地方公共団体が出資し、又は出えんしている法人又は団体の広告

(2) 第2順位 前号に掲げるもの以外の公社、公団、公益法人及びそれに類する団体の広告

(3) 第3順位 公益的性格を有する私企業等の広告

(4) 第4順位 前号に掲げるもの以外の私企業又は自営業で市内に事業所等を有する者の広告

(5) 第5順位 その他、掲載する広告として妥当であろうと市長が認めた広告

2 前項の規定によっても、順位が同じ広告が複数あることにより、掲載する広告を決定できないときは、抽選により決定する。

(広告主の責任)

第13条 広告主は、広告バナー及び広告主が指定したリンク先のホームページの内容その他広告掲載に関する全ての事項において、一切の責任を負うものとする。

2 広告主は、第三者から掲載した広告に関連して損害を被ったという請求がされた場合は、広告主の責任及び負担において解決しなければならない。

(広告掲載の取消し)

第14条 市長は、次の各号に該当するときは、広告の掲載決定を取消すことができる。

(1) 指定する期日までに広告掲載料の納付がないとき

(2) 指定する期日までに広告バナー(電子データ)の提出がないとき

(3) 広告主又は広告主のホームページが、第2条各号に該当すると判明したとき

(4) その他、市ホームページへの広告掲載が適切でないと審査会が判断したとき

(広告掲載の取下げ)

第15条 広告主は自己の都合により、市ホームページへの広告掲載を取下げることができるものとする。

2 前項の規定により広告掲載を取下げるときは、広告主は書面により市長に申出なければならない。

3 第1項の規定により広告掲載を取下げた場合は、納付済みの広告掲載料は返還しない。

(広告掲載料)

第16条 広告掲載料については、市長が別に定める。

2 広告掲載料は、掲載の決定後、市長が指定する期日までに、一括して前納するものとする。

(広告掲載期間の延長)

第17条 広告主の責に帰さない理由により、市が広告を掲載できなかったときは、掲載できなかった日数に応じて、掲載期間を延長する。ただし、広告を掲載できなかった日数が1日未満の場合は、掲載期間の延長は行わない。

(広告掲載料の返還)

第18条 既納の広告掲載料は、原則として返還しない。ただし、市長は広告主の責に帰さない理由により広告が掲載できなかった場合で、かつ掲載期間の延長が困難なときは、既納の広告掲載料を返還するものとし、その他の責任を負わないものとする。

2 前項の規定により返還する広告掲載料は、掲載開始から掲載終了日までの日数による日割りとし、1円未満の端数金額は切り捨てるものとする。

3 前2項の規定により返還する広告掲載料には、利子を付さない。

(その他)

第19条 この告示に定めるもののほか、広告掲載に関し必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日告示第133号)

この告示は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月27日告示第47号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

雲南市ホームページ広告掲載取扱要綱

平成19年3月27日 告示第35号

(平成29年4月1日施行)