○雲南市福祉ホーム事業実施要綱

平成19年3月27日

告示第69号

(目的)

第1条 雲南市福祉ホーム事業(以下「事業」という。)は、現に住居を求めている障害者につき、低額な料金で、居室その他の設備(以下「福祉ホーム」という。)を利用させるとともに、日常生活に必要な便宜を供与することにより、障害者の地域生活を支援することを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、雲南市とする。

2 市長は、この告示の目的を達成するため、事業を社会福祉法人等(法人格を有する団体をいう。以下「事業者」という。)に委託することができる。

(対象者)

第3条 事業の対象者は、市内に居住地を有する障害者等であって、家庭環境、住宅事情等の理由により、居宅において生活することが困難な障害者(ただし、常時の介護、医療を必要とする状態にある者を除く。)とする。

(利用方法)

第4条 事業の利用は、利用者と事業者との契約によるものとする。

(管理人)

第5条 福祉ホームに次の各号の業務を行う管理人を置くものとする。

(1) 施設の管理

(2) 利用者の日常生活に関する相談、助言

(3) 福祉事務所等関係機関との連絡、調整

(遵守事項)

第6条 事業者は、利用者の健康管理、レクリエーション、非常災害対策等については、利用者のニーズに応じて対策が講じられるよう配慮しなければならない。

2 事業者は、疾病等により利用者が生活に困難を生じた場合には、医療機関、福祉事務所、家族等に速やかに連絡をとるなど利用者の生活に支障をきたさないよう適切な配慮を行わなければならない。

3 事業者は、利用者の守るべき共同生活上の規律、その他必要な事項については、極力利用者の意見を尊重して定めなければならない。

(利用料)

第7条 利用料は、施設利用に係る飲食物費、日曜品費、光熱水料等の実費相当額で福祉ホームの経営主体の定める額とする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成18年10月1日から適用する。

雲南市福祉ホーム事業実施要綱

平成19年3月27日 告示第69号

(平成19年3月27日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 障害者福祉
沿革情報
平成19年3月27日 告示第69号