○雲南市社会参加促進事業実施要綱

平成19年9月27日

告示第189号

(目的)

第1条 雲南市社会参加促進事業は、スポーツ、芸術文化活動等を行うことにより、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第4条第1項及び第2項に規定する障害者及び障害児(以下「障害者等」という。)の社会参加を促進することを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、雲南市とする。

2 市長は、この事業の全部又は一部を適切な事業運営を行うことができると認める社会福祉法人等(法人格を有する団体をいう。)に委託することができる。

(対象者)

第3条 事業の対象者は、市内に居住地を有する障害者等とする。

(事業内容)

第4条 事業内容は次に掲げるとおりとする。

(1) スポーツ、レクリエーション教室開催等事業 障害者等の体力増強、交流促進及び障害者スポーツの普及を図るため、各種スポーツ、レクリエーション教室や障害者スポーツ大会を開催する。

(2) 点字、声の広報等発行事業 文字による情報入手が困難な障害者等のために、点訳、音訳その他障害者等にわかりやすい方法により、地方公共団体等の広報、視覚障害者等障害者関係事業の紹介、生活情報、その他障害者等が地域生活をする上で必要な情報などを定期的に障害者等に提供する。

(3) 奉仕員養成研修事業 日常会話程度の手話表現技術を習得した手話奉仕員、要約筆記に必要な技術等を習得した要約筆記奉仕員、点訳又は朗読に必要な技術等を習得した点訳奉仕員、朗読奉仕員を養成研修する。

(補則)

第5条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成25年3月28日告示第100号)

(施行期日)

1 この告示は、平成25年4月1日から施行する。

雲南市社会参加促進事業実施要綱

平成19年9月27日 告示第189号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 障害者福祉
沿革情報
平成19年9月27日 告示第189号
平成25年3月28日 告示第100号