○雲南市職業紹介業務に係る個人情報適正管理規程

平成19年12月21日

訓令第50号

(趣旨)

第1条 この訓令は、雲南市職業紹介業務運営規程(平成19年雲南市訓令第49号)第9条に基づく職業紹介業務実施に係る求職者の個人情報の適正な管理に関し、雲南市個人情報保護条例(平成16年雲南市条例第16号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において使用する用語は、職業安定法(昭和22年法律第141号)及び職業安定法施行規則(昭和22年労働省令第12号)において使用する用語の例による。

(求職者等の個人情報の取扱い)

第3条 市は、求職者等の個人情報を収集し、保管し、又は使用するに当たっては、その業務の目的の達成に必要な範囲内で求職者等の個人情報を収集し、並びに当該収集の目的の範囲内でこれを保管し、及び使用しなければならない。ただし、本人の同意がある場合その他正当な事由がある場合は、この限りでない。

(個人情報の取扱責任者)

第4条 求職者の個人情報の適正な管理のために必要な措置を講じる者として、求職者の個人情報の取扱責任者(以下「取扱責任者」という。)を置き、産業観光部商工振興課長をもって充てる。

(個人情報の取扱者)

第5条 個人情報を取り扱う者(以下「取扱者」という。)は、職業紹介業務担当者である産業観光部商工振興課職員とする。

(取扱者の教育)

第6条 取扱責任者は、取扱者が、職業安定機関からの情報提供及び指導に基づき、求職者の個人情報の適正管理に関する正確な知識の習得に努めることができるよう、講習会への参加等適正な措置を講じるものとする。

(個人情報の開示及び訂正)

第7条 取扱者は、求職者の個人情報に関して、本人から情報の開示請求があった場合は、その請求に基づき、本人の有する資格等客観的事実に基づく情報の開示を遅滞なく行うものとする。

2 取扱者は、前項の規定により開示を受けた者から、その開示情報の訂正の請求があった場合において、その請求内容が正当と認めるときは、遅滞なく訂正を行うものとする。

3 個人情報の開示又は訂正に係る取扱いについて、取扱責任者は求職者等への周知に努めることとする。

(苦情処理)

第8条 取扱責任者は、求職者の個人情報の取扱いに関して、当該情報に係る本人からの苦情の申出があった場合は、適切かつ迅速な処理を行うものとする。

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、職業紹介業務に係る個人情報の適正な管理に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月27日訓令第1号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

雲南市職業紹介業務に係る個人情報適正管理規程

平成19年12月21日 訓令第50号

(平成29年4月1日施行)