○雲南市掛合ふるさと活性化センター条例施行規則

平成20年3月25日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市掛合ふるさと活性化センター条例(平成20年雲南市条例第5号)以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(管理)

第2条 雲南市掛合ふるさと活性化センター(以下「ふるさと活性化センター」という。)に市長が必要と認めたときは、管理人その他職員を置くことができる。

(休館日)

第3条 ふるさと活性化センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、休館日に開館し、又は臨時に休館することができる。

(1) 毎週日曜日及び市長が定める日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(開館時間)

第4条 ふるさと活性化センターの開館時間は、午前8時30分から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、開館時間を変更することができる。

(貸館)

第4条の2 前2条の規定にかかわらず、ふるさと活性化センターを貸館の用に供することができる。

2 ふるさと活性化センターを貸館の用に供することができる時間(以下「貸館時間」という。)は、午前8時30分から午後10時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、貸館時間を変更することができる。

(利用の申請)

第5条 条例第5条第1項の規定により、ふるさと活性化センター施設及び設備(以下「施設等」という。)の利用の許可を受けようとする者は、利用を開始しようとする日までにふるさと活性化センター利用許可申請書(様式第1号)及びその他必要な書類を市長に提出しなければならない。

(利用の許可)

第6条 市長は、前条の申請書を受理したときは、その利用目的及び内容を審査し、適当と認める者には、ふるさと活性化センター利用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(利用の取消し等)

第7条 前条の許可書の交付を受けた者は、利用の取消し又は当該許可に係る事項を変更しようとするときは、ふるさと活性化センター利用変更承認申請書(様式第3号)前条の許可書を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書の提出があった場合において、変更を承認したとき、又は使用の停止を決定したときは、ふるさと活性化センター利用変更・停止・取消決定通知書(様式第4号)を交付するものとする。条例第8条の規定により施設等の利用許可の停止又は取消の決定をしたときも同様とする。

(使用料の納付)

第8条 条例第9条の規定による使用料は、市長が発行する使用料納入通知書によって納付しなければならない。

(使用料の減免)

第9条 条例第10条の規定により使用料を減額し、又は免除することができる場合とは、別表に定めるとおりとする。

2 前項の規定に基づき使用料の減額又は免除を受けようとする者は、第5条の申請書と併せてふるさと活性化センター使用料減免申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の申請があった場合において使用料の減額又は免除を決定したときは、ふるさと活性化センター使用料減免通知書(様式第6号)により、その旨を申請者に通知するものとする。

(使用料の還付)

第10条 条例第11条ただし書に規定する使用料の還付を受けようとする者は、還付理由発生後7日以内にふるさと活性化センター使用料還付請求書(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

(事故報告)

第11条 利用者は、施設を損傷し、又は滅失したとき、若しくはその他の事故があったときは、速やかに市長へ届出てその指示に従わなければならない。

(使用者の遵守事項)

第12条 利用者(利用者の行う行事等のため入場する者を含む。)は、条例及びこの規則に定めるもののほか、次の事項を守らなければならない。ただし、許可を受けた場合は、この限りでない。

(1) 所定の場所以外で飲食し、又は喫煙し、若しくは火気を使用しないこと。

(2) 許可を受けないで、物品の販売等営利行為をしないこと。

(3) 所定の場所以外の壁や柱等に張り紙をし、又はピンや釘打ち等をしないこと。

(4) 許可を受けた設備器具及び物品等以外のものを利用しないこと。

(5) 備付けの設備器具及び物品等を、許可なく所定の場所以外へ持ち出さないこと。

(6) 施設等の管理上、支障を来すような行為をしないこと。

(7) その他市長の指示する事項に従うこと。

(指定管理者による管理)

第13条 条例第12条の規定によりふるさと活性化センターの管理を指定管理者に行わせる場合は、第3条から第7条の規定中「市長」とあり、及び様式第1号から様式第5号中「雲南市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日規則第19号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月24日規則第54号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月28日規則第38号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月26日規則第19号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

ふるさと活性化センターの減免基準

減免区分

利用区分

団体使用

①免除

ア 市又は市教育委員会が主催若しくは共催して行う事業で使用する場合

イ 条例第12条に規定する指定管理者が、条例第2条に定める設置目的に適合した事業で使用する場合

②減額(1/2)

ア 市又は市教育委員会が後援若しくは協賛して行う事業の場合

イ 市が加入構成する一部事務組合等が主催若しくは共催して行う事業の場合

ウ 市内に所在する公共的団体が、市民のために公益的な活動を行う事業の場合

エ 市内に居住する身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者(以下「身体障害者」という。)、療養手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)の規定により療育手帳の交付を受けている者(以下「療育手帳所有者」という。)、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者(以下「精神障害者」という。)及び当該障害者を介助する者が構成する団体が主催する事業の場合

オ 市内に居住する年齢65歳以上の者で構成された団体が主催する事業の場合

カ 市内に居住する幼児、小学生、中学生及び高校生で組織された団体が主催する事業の場合

個人使用

①減額(1/2)

ア 公的扶助を受けている者

イ 市内に居住する身体障害者、療育手帳所有者、精神障害者及び当該障害者を介助する者

ウ 市内に居住する年齢65歳以上の者

エ 市内に居住する幼児、小学生、中学生及び高校生

その他

①免除又は減額(1/2)

ア 市長が公益上特に必要と認める場合

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市掛合ふるさと活性化センター条例施行規則

平成20年3月25日 規則第5号

(平成26年4月1日施行)