○雲南市家族介護支援事業実施要綱

平成20年3月25日

告示第35号

(目的)

第1条 この告示は、要介護状態にある高齢者を介護する家族を対象に、一時的に介護から開放させ、また介護者相互で交流することにより身体的・精神的負担の軽減を図るとともに、要介護者の在宅生活の継続・向上を図ることを目的とする。

(事業の種別)

第2条 事業の種別は、次のとおりとする。

(1) 家族介護教室事業

(2) 家族介護交流事業

(実施主体)

第3条 この事業の実施主体は雲南市とする。

(事業内容)

第4条 この事業の内容等は次のとおりとする。

(1) 家族介護教室事業

 介護家族の交流会

 介護に関する相談

 介護技術の習得・研修

 介護家族の健康づくり

 その他、地域特性を生かした事業

(2) 家族介護交流事業

 介護家族の交流会

 介護に関する相談

 施設見学・研修

 その他、地域特性を生かした事業

(対象者)

第5条 この事業の対象者は、雲南市内に住所を有し、在宅で要介護状態の高齢者を現に介護している家族とする。

(委託)

第6条 市長は、事業の実施について社会福祉法人等公共団体に委託することができる。

(利用料金)

第7条 利用者から事業に要した原材料費等の負担分として利用料金を徴収することができる。

2 市長は、利用料金の徴収業務を受託者に行わせることができる。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、事業の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

雲南市家族介護支援事業実施要綱

平成20年3月25日 告示第35号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
平成20年3月25日 告示第35号