○雲南市ごみ集積施設整備費補助金交付要綱

平成20年6月25日

告示第121号

雲南市ごみ集積施設整備費補助金交付要綱(平成16年雲南市告示第77号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 市の交付する雲南市ごみ集積施設整備費補助金(以下「補助金」という。)の交付については、雲南市補助金等交付規則(平成16年雲南市規則第44号)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(目的)

第2条 市民の日常生活から排出されるごみを適正に処理し、良好な生活環境を保全することを目的とする。

(交付対象)

第3条 ごみ集積施設を設置しようとする自治会とする。

2 補助の対象とするごみ集積施設設置の経費は、次に掲げる条件に適するものでなければならない。

(1) ごみ集積施設設置の経費が1万円以上であること。

(2) ごみ集積施設を利用する自治会等の世帯が5世帯以上であること。

(交付の率又は金額)

第4条 補助する金額は、次のとおりとする。

区分

対象経費

1施設当たり補助金額

可燃ごみ集積施設

設置に要した費用

設置経費の3分の1又は、利用世帯数に5,000円を乗じた額のいずれか低い方の額とする。ただし、補助する金額の限度額は、1施設当たり10万円とする。

不燃ごみ集積施設

設置に要した費用

設置経費の3分の1又は、利用世帯数に5,000円を乗じた額のいずれか低い方の額とする。ただし、補助する金額の限度額は、1施設当たり10万円とする。

1 可燃ごみ・不燃ごみ兼用の施設の場合は、事業費を利用世帯数で按分し、この表を適用する。

2 1施設あたりの補助金額に端数が生じた場合は、100円未満を切り捨てる。

(交付申請)

第5条 補助金の申請をしようとする自治会等の代表者(以下「申請者」という。)は、必要な事項を記載したごみ集積施設整備費補助金の交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 設置場所付近見取図

(2) 平、断面図及び構造図

(3) 工事費見積書

(4) 設置場所が道路、水路等である場合は、占用許可書の写し

(実績報告)

第6条 申請者は、ごみ集積施設の設置が完了し補助金の交付を受けようとするときは、必要な事項を記載したごみ集積施設整備費補助金実績報告書(様式第2号)に写真を貼付の上、請求書を添えて市長に提出しなければならない。

(委任)

第7条 この告示に定めるもののほか、この補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成20年4月1日から施行する。

(告示の失効)

2 この告示は、平成32年3月31日限り、その効力を失う。ただし、同日以前にこの規定に基づき既に交付された交付申請に係る補助金の交付に関しては、この告示の施行後も、なおその効力を有する。

(経過措置)

3 この告示による改正後の雲南市ごみ集積施設整備費補助金交付要綱の規定は、平成20年4月1日以後の申請について適用し、同日前の申請に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成22年3月25日告示第108号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月31日告示第134号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月26日告示第344号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月27日告示第49号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

雲南市ごみ集積施設整備費補助金交付要綱

平成20年6月25日 告示第121号

(平成29年3月27日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成20年6月25日 告示第121号
平成22年3月25日 告示第108号
平成23年3月31日 告示第134号
平成25年12月26日 告示第344号
平成29年3月27日 告示第49号