○社会福祉団体等の大会等出場激励金交付要綱

平成22年9月27日

告示第221号

(目的)

第1条 この告示は、雲南市に住所を有する高齢者又は障がい者で、団体又は個人がスポーツ、文化の振興のため、島根県の代表として大会等に出場する場合に激励金を交付することで、社会福祉団体の育成と住民の体育、文化の向上を図ることを目的とする。

(交付対象)

第2条 交付対象者は、次に掲げる者とする。ただし、社会教育団体等の全国大会等出場激励金交付要綱(平成22年雲南市教育委員会告示第22号)の規定による激励金の交付を受けている者を除く。

(1) 雲南市老人クラブ連合会に所属する者及び競技クラブ等

(2) 雲南市身体障害者協会に所属する者及び競技クラブ等

(3) 全国健康福祉祭(ねんりんピック)へ出場する者及び競技クラブ等

(4) その他市長が認める個人又は団体等

(交付対象とする大会)

第3条 交付金の交付対象となる大会は、次に掲げるものとする。

(1) 島根県又はこれと同等以上の代表として出場する、西日本大会以上であって、国又は都道府県が主催又は共催若しくは後援する大会として開催されるもの

(2) その他市長が特に必要と認める大会

(激励金の額)

第4条 激励金の額は次のとおりとする。

(1) 激励金の額は、個人、団体を問わず、出場する者1人に対して、5,000円とする。ただし、団体の場合は、上限20,000円とする。

(交付申請)

第5条 激励金の交付を受けようとする団体等は大会等が開催される日の10日前までに、大会等出場激励金交付申請書(様式第1号)を市長に提出するものとする。

(交付決定)

第6条 市長は、前条の申請があった場合は、その内容を審査し交付の可否を決定し、大会等出場激励金交付(決定・却下)通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(返還)

第7条 市長は、激励金の交付が適当でないと認めたときは、激励金の返還を求めることができる。

(結果報告)

第8条 激励金の交付を受けた団体等は、大会等結果報告書(様式第3号)を大会等参加終了後30日以内に市長に提出するものとする。

(委任)

第9条 この告示に定めるもののほか、この激励金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

社会福祉団体等の大会等出場激励金交付要綱

平成22年9月27日 告示第221号

(平成22年9月27日施行)