○雲南市道路河川愛護作業交付金交付要綱

平成22年12月1日

告示第287号

(趣旨)

第1条 この告示は、市の呼びかけにより、自治会等の地域団体(以下「地域団体」という。)がボランティアで実施する道路、河川の清掃、維持及び管理作業等の活動(以下「愛護作業」という。)に対し、市が交付する雲南市道路河川愛護作業交付金(以下「交付金」という。)について雲南市補助金等交付規則(平成16年雲南市規則第44号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 この交付金は、地域団体がボランティアで行う愛護作業への支援を行うことにより、道路、河川への愛護及び参加意識が高まり、より安全快適な道路、河川の維持が図られることを目的とする。

(交付対象)

第3条 この交付金の対象となる事業は、市道、農道、林道、普通河川等、雲南市が所管する道路及び河川に対し、市の呼びかけに基づき、地域団体がボランティアで当該年度に実施した愛護作業を対象とする。

(交付金の算定基準)

第4条 交付金の算定基準は、次の各号に掲げる愛護作業の回数に応じ当該各号に規定する額とする。

(1) 1回目となる愛護作業

 愛護作業への参加者数、作業時間の実績に基づき、1時間当たり1人140円を乗じた額

 愛護作業に使用した刈り払い機械及びチェンソー1台当たり200円を乗じた額

 愛護作業に使用した刈り払い機械及びチェンソー以外の機械1台当たりに、予算の範囲内で別に定めた額を乗じた額

(2) 2回目となる愛護作業

 愛護作業への参加者数、作業時間の実績に基づき、1時間当たり1人70円を乗じた額

 愛護作業に使用した刈り払い機械及びチェンソー1台当たり100円を乗じた額

 愛護作業に使用した刈り払い機械及びチェンソー以外の機械1台当たりに、予算の範囲内で別に定めた額を乗じた額

(交付金の申請)

第5条 愛護作業を実施する地域団体が交付金の交付を受けようとする場合は、事前に道路・河川愛護作業実施計画書(様式第1号)を市長に提出し、愛護作業実施後は速やかに道路・河川愛護作業実績報告兼交付金請求書(様式第2号)を提出しなければならない。

(報告内容の審査)

第6条 市長は、前条の実績報告があったときは、報告内容を調査、確認し、交付の適否を判断した上で、第4条に規定する算定基準により算定し、交付金額を決定する。

(交付)

第7条 市長は、前条の審査により交付金額を決定した後、地域団体に対し、道路河川愛護作業交付金交付通知(様式第3号)により通知し、交付金を交付する。

(委任)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月23日告示第114号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年4月1日告示第217号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

雲南市道路河川愛護作業交付金交付要綱

平成22年12月1日 告示第287号

(平成29年4月1日施行)