○雲南市下布施農村体験施設条例

平成23年3月31日

条例第1号

(設置)

第1条 農村と都市との交流を促進し、尾原ダム周辺地域の地域づくりに資するため、雲南市下布施農村体験施設(以下「農村体験施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 農村体験施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 雲南市下布施農村体験施設

(2) 位置 雲南市木次町北原地内

2 農村体験施設の区域は、市長が告示する。その区域を変更しようとするときも、同様とする。

(管理運営)

第3条 農村体験施設は、市長がこれを管理する。

(入場の制限)

第4条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、農村体験施設への入場を拒み、又は施設からの退去を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反した者

(2) 秩序を乱した者又は乱すおそれがあると認められる者

(3) 他人に危害を及ぼすおそれのある者

(4) 他人の迷惑となる物品を携帯する者

(5) 職員の指示に従わない者

(利用の許可)

第5条 農村体験施設を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ市長に届け出て許可を得なければならない。

(利用の条件)

第6条 市長は、農村体験施設の利用を許可するに当たっては、第1条に規定する目的の実践に必要な条件を付すことができる。

(利用者の決定)

第7条 市長は、第5条の規定による申し込みをした者が、使用させるべき施設の許容を超える場合においては、市長の定めるところにより、公正な方法で選考し、当該施設の利用者を決定しなければならない。

(行為の禁止)

第8条 農村体験施設において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 竹木を損傷し、又は伐採し、若しくは竹木以外の植物を採取すること。

(2) 土地の形状を変更すること。

(3) 施設及び設備を損傷し、又は汚損すること。

(4) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(5) 指定された場所以外の場所へ車両を乗り入れ、又はとめておくこと。

(6) 危険物を持ち込み、又は指定された場所以外の場所でたき火をすること。

(7) 他の利用者に著しく不快の念を与えるような行為をすること。

(8) その他公共の福祉を乱すような行為をすること。

(行為の制限)

第9条 農村体験施設において、次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

(1) 広告物を表示し、又は宣伝活動をすること。

(2) 物品の販売その他の営利を目的とした行為をすること。

(3) 募金その他の勧誘行為をすること。

2 前項の許可を受けようとする者は、行為をしようとする日の前日までに行為の目的、行為をしようとする期間、場所その他規則で定める事項を記載した申請書を市長に提出しなければならない。

3 第1項の許可は、農村体験施設の用途及び目的を妨げない限度においてこれを与えることができる。

4 市長は、農村体験施設の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(目的外使用等の禁止)

第10条 第5条又は前条第1項の規定による許可を受けた者(以下「利用者等」という。)は、許可を受けた場所を許可を受けた目的以外に利用し、若しくは使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(特別設備等)

第11条 農村体験施設の利用又は使用に当たって特別の設備をし、若しくは特殊な物を搬入しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可を受けようとする者は、特別の設備をし、若しくは特殊な物を搬入しようとする日の前日までに設備又は特殊な物の内容、設置の日時、場所その他規則で定める事項を記載した申請書を市長に提出しなければならない。

3 市長は、農村体験施設の管理上必要があると認めるときは、第1項の許可に条件を付することができる。

(原状回復義務)

第12条 農村体験施設を利用し、又は使用した者は、その行為の終了後、速やかにこれを原状に回復しなければならない。この場合において、前条の規定により許可を受けて特別な設備をし、若しくは特殊な物を搬入した者は、職員の検査を受けなければならない。

(許可の取消し等)

第13条 市長は、利用者等が次の各号のいずれかに該当したとき又は公益上やむを得ない事由が生じたときは、許可の条件を変更し、若しくは効力を停止し、又は利用若しくは行為を制限し、利用若しくは行為を中止させ、又は許可を取り消すことができる。この場合において、利用者等に損害が生じても、市は、賠償の責めを負わない。

(1) 利用者等がこの条例又はこの条例に基づく規則若しくは規程に違反したとき。

(2) 利用者等が第9条第4項及び第11条第3項の規定により付した許可条件に違反したとき。

(使用料)

第14条 市長は、第5条の規定による許可を受けた者から、利用前に別表に定める使用料を徴収する。ただし、市若しくは市の機関又は市が構成する一部事務組合が利用するときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第15条 市長は、別に規則で定める場合は、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第16条 既に徴収した使用料はこれを還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者等の責任でない事由により利用又は使用ができなくなったとき。

(2) 利用し、又は使用する日の前日までに許可申請を取り下げたとき。

(損害賠償)

第17条 利用者又は使用者は、故意若しくは過失により農村体験施設に損害を与えたときは、これを賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第18条 施設の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 前項の規定により施設の管理を指定管理者に行わせる場合は、第4条第5条第6条第9条第11条及び第13条の規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(指定管理者の業務)

第19条 指定管理者は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

(1) 農村体験施設の使用の許可に関する業務

(2) 農村体験施設の施設及び設備の維持修繕に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、指定管理者が農村体験施設の管理上必要と認める業務

(利用料金)

第20条 第14条の規定にかかわらず、農村体験施設の管理を指定管理者に行わせる場合は、当該指定管理者に農村体験施設の施設及び設備の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を収受させることができる。

2 利用料金の額は、別表に定める額を上限として、指定管理者が市長の承認を得て定める額とする。

3 指定管理者は、あらかじめ市長の承認を得て定めた基準により、利用料金の減免又は還付をすることができる。

(委任)

第21条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月26日条例第63号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の第14条に規定する使用料は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までの使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成27年12月22日条例第58号)

この条例は、平成28年2月1日から施行する。

別表(第14条、第20条関係)

区分

施設名称

使用料

冷暖房使用時

冷暖房未使用時

管理棟

農業倉庫1

7,500円/月

農業倉庫2

7,500円/月

農業倉庫3

7,500円/月

農業倉庫4

7,500円/月

作業室

7,500円/月

交流棟

会議室

1,020円/時間

920円/時間

研修室

630円/時間

570円/時間

厩舎

馬房1

3,900円/月

馬房2

3,900円/月

馬房3

3,900円/月

馬房4

3,900円/月

馬房5

3,900円/月

馬房6

3,900円/月

馬房7

3,900円/月

馬房8

3,900円/月

馬房9

3,900円/月

馬房10

3,900円/月

馬房11

3,900円/月

馬房12

3,900円/月

馬房13

3,900円/月

馬房14

3,900円/月

馬房15

3,900円/月

馬房16

3,900円/月

馬房17

3,900円/月

馬房18

3,900円/月

馬房19

3,900円/月

馬房20

3,900円/月

多目的広場

広場1:10,000m2

11,100円/月

広場2:10,000m2

11,100円/月

広場3:36,342m2

40,300円/月

広場4:15,640m2

17,300円/月

広場5:12,349m2

13,700円/月

広場6:13,400m2

14,800円/月

広場7:12,927m2

14,300円/月

広場8:11,827m2

13,100円/月

雲南市下布施農村体験施設条例

平成23年3月31日 条例第1号

(平成28年2月1日施行)