○雲南市立小中学校集金取扱要綱

平成23年3月30日

教育委員会訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、雲南市立小学校及び中学校における学校集金の適正な取扱いに関して、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 学校集金とは、校長が教育活動に必要な経費と認めたもののうち、保護者から集金し、管理するものをいう。

(保護者負担の軽減)

第3条 校長は学校集金の決定にあたっては、必要性及び金額について精査を行い、保護者負担の軽減に努めなければならない。

(事務処理体制)

第4条 学校集金の取扱いを適正かつ円滑に行うために、管理体制を整備し、事務処理の経過が常に開示できるようにしておかなければならない。

(1) 校長は、学校集金の総括責任者となる。

(2) 教頭は、学校集金の出納責任者として集金事務を統括する。

(3) 事務主任は、会計事務の適正化を図る。事務主任をおかない学校においては、教頭がこれを行う。

(4) 会計事務担当者は、総括責任者が指定する職員とし、学校集金に係る事務分掌に従い、事務主任の助言を受けながら会計区分ごとに予算、出納、契約及び決算等の事務を行う。

(未納者への対応)

第5条 校長は常に集金の状況について把握し、未納者に対しては適切な対応をしなければならない。

(関係帳票の保存)

第6条 学校集金に係る出納簿等の関係帳票は、当該年度の翌年度から起算して5年間保存しなければならない。

附 則

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

雲南市立小中学校集金取扱要綱

平成23年3月30日 教育委員会訓令第2号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成23年3月30日 教育委員会訓令第2号