○雲南市尾原地域づくり支援センター条例施行規則

平成23年12月26日

規則第36号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市尾原地域づくり支援センター条例(平成23年雲南市条例第37号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき、雲南市尾原地域づくり支援センター(以下「センター」という。)の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(受付)

第2条 センターの受付は、午前9時から午後5時までとする。

(利用許可の申請)

第3条 条例第5条の規定により利用の許可を受けようとする者は、雲南市尾原地域づくり支援センター使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければなない。

2 前項の利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が許可を変更しようとするときは、雲南市尾原地域づくり支援センター使用許可変更申請書(様式第3号)を提出しなければならない。

(許可書の交付)

第4条 市長は、センターの利用を許可したときは、申請者に対し雲南市尾原地域づくり支援センター使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

2 前項の許可書は、センターを利用する際必ず携行し、係員の要求があったときは、これを提示しなければならない。

(利用の取消し)

第5条 利用者がセンターの利用を取り消そうとするときは、その旨を利用予定日の前日までに申し出なければならない。

(使用料の減免)

第6条 条例第12条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、雲南市尾原地域づくり支援センター使用料減免申請書(様式第4号)第5条の申請書を提出する際に、市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第7条 条例13条のただし書の規定により既に徴収した使用料を還付する場合の還付する額の基準は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるところによる。

(1) 利用者等の責任でない事由により利用ができなくなったとき 全額

(2) 利用する日の前日までに許可申請を取り下げたとき 2分の1の額

2 使用料の還付を受けようとする者は、雲南市尾原地域づくり支援センター使用料還付請求書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(利用者の遵守事項)

第8条 利用者がセンターを利用するときは、次の事項を守らなければならない。ただし、許可を得た場合は、この限りでない。

(1) 定員を超える人数を収容しないこと。

(2) 所定の場所以外において火気を使用しないこと。

(3) センター内外ではり紙及び釘打ち等しないこと。

(4) 許可を受けた設備以外のものを利用しないこと。

(5) 附属設備を所定の場所以外に持ち出さないこと。

(6) 許可を受けた場所以外に出入りしないこと。

(7) その他係員の指示を遵守すること。

(設備器具利用料金)

第9条 センターの設備器具については、利用料金を徴収することができる。

2 前項の設備器具利用料金のほかに、次に掲げる経費を徴収することができる。

(1) 電気又は電力料金

(2) 水道及びガス料金

(3) その他市長が必要と認める経費

(設備器具利用料金の減免又は還付)

第10条 センターの管理を指定管理者に行わせる場合は、あらかじめ市長の承認を得て定めた基準により、設備器具利用料の減免又は還付ができるものとする。

(特別な設備)

第11条 利用者が特別な設備をしようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 利用者が前項の規定による許可を受けようとするときは、その内容を記載した仕様書を第3条の許可申請書に添付しなければならない。

3 第1項の許可は、第4条第1項の許可書にその旨を表示して行うものとする。

(責任者の設置)

第12条 センターを利用しようとする者は、利用中における責任の所在を明確に保持するため、センターを直接利用する者の中から利用責任者を定め、届け出なければならない。

(点検)

第13条 利用責任者は、センターの利用が終わったときは、速やかにその旨を市長に申し出て点検を受けなければならない。

(指定管理者による管理)

第14条 条例第16条第1項の規定によりセンターの管理を指定管理者に行わせる場合は、第3条第4条第9条第10条第11条及び第13条の規定中「市長」とあり、及び様式第1号から様式第4号中「雲南市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

附 則

この規則は、平成24年3月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市尾原地域づくり支援センター条例施行規則

平成23年12月26日 規則第36号

(平成24年3月1日施行)