○雲南市環境保全型農業直接支払交付金交付要綱

平成23年12月26日

告示第264号

(趣旨)

第1条 この告示は、地球温暖化防止や生物多様性保全等に効果の高い営農活動に取り組む農業者に対して、当該営農活動の実施に伴う追加的なコストを支援することにより、農業分野の有する環境保全機能を一層発揮させるため、交付する雲南市環境保全型農業直接支払交付金(以下「交付金」という。)について、雲南市補助金等交付規則(平成16年雲南市規則第44号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(交付事業区分等)

第2条 交付金の額は、予算の範囲内で交付するものとする。

2 前項の交付金の交付の対象となる農地、交付対象者及び交付率は、「環境保全型農業直接支払交付金実施要綱」(平成23年4月1日付け22生産第10953号農林水産事務次官依命通知。以下「実施要綱」という。)及び「環境保全型農業直接支払交付金実施要領」(平成23年4月1日付け22生産第10954号農林水産省生産局長通知。以下「実施要領」という。)によるほか、農林水産省生産局長通知による実施要領の運用等の規定による。

(交付申請)

第3条 交付金の交付を受けようとする者(以下「交付申請者」という。)は、雲南市環境保全型農業直接支払交付金交付申請書(様式第1号)に必要な書類を添付して、市長が定める日までに市長に提出するものとする。

(交付決定)

第4条 市長は、前条の規定による申請書を受理したときは、これを審査し、交付金の交付を認めるときは、規則の定めるところにより交付の決定をし、雲南市環境保全型農業直接支払交付金交付決定通知書(様式第2号)を当該交付申請者に通知するもととする。

(概算払請求及び交付)

第5条 前条の規定により交付決定を受けた者が、概算払により交付を受けようとするときは、雲南市環境保全型農業直接支払交付金概算払請求書(様式第3号)を市長に提出するものとする。

2 市長は、前項の請求書を受理したときは、速やかに交付金を交付するものとする。

(実績報告)

第6条 交付申請者は、事業が完了したときは、雲南市環境保全型農業直接支払交付金実績報告書(様式第4号)を、事業の完了した日から起算して30日を経過した日又は3月31日のいずれか早い日までに市長に提出しなければならない。

(その他)

第7条 この要綱で定めるもののほか、必要な事項については、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成23年4月1日から施行する。

(告示の失効)

2 この告示は、平成31年3月31日限り、その効力を失う。ただし、同日以前にこの規定に基づき既に交付された交付申請に係る補助金の交付に関しては、この告示施行後もその効力を有する。

附 則(平成26年3月26日告示第96号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日告示第108号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年2月26日告示第33号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年6月29日告示第209号)

この告示は、平成29年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

雲南市環境保全型農業直接支払交付金交付要綱

平成23年12月26日 告示第264号

(平成29年7月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 農林畜産/第1節
沿革情報
平成23年12月26日 告示第264号
平成26年3月26日 告示第96号
平成27年3月23日 告示第108号
平成28年2月26日 告示第33号
平成29年6月29日 告示第209号