○雲南市標準農作業料金検討協議会規程

平成23年12月20日

農業委員会告示第63号

(設置)

第1条 農作業労働力や農作業請負料金の地域の実態について協議検討を行い、農作業請負料金の標準額を設定し、地域農業の経営改善に資するため、雲南市農業委員会に雲南市標準農作業料金検討協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 協議会は、その目的を達成するため、次の事項に関する協議を行う。

(1) 標準農作業料金の設定

(2) その他、目的達成のための必要な事項

(組織)

第3条 協議会の委員は、農業委員会委員、関係行政機関の職員、関係農業団体の職員、受託農家・受託組織の代表、委託農家の代表で構成し、委員は雲南市農業委員会の会長が委嘱する。

(会長及び副会長)

第4条 協議会に会長及び副会長を置く。

2 協議会の会長は、雲南市農業委員会会長をもって充てる。

3 協議会の副会長は、雲南市農業委員会運営委員会委員長(以下「運営委員会委員長」という。)をもって充てる。

(任期)

第5条 協議会委員の任期は、2年とする。ただし再任を妨げない。

(会議)

第6条 協議会は会長が招集する。

2 会長は協議会を代表し、会務を総理する。

3 協議会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

4 協議会会長に事故あるとき又は欠けたときは、副会長がその職務を代行する。

(検討委員会)

第7条 協議会に検討委員会を置き、標準農作業料金設定に関わる調査・研究・事前協議を行う。

2 検討委員会委員は、雲南市農業委員会運営委員会の委員及び農業委員会委員の中から会長が指名した若干名をもって構成し、運営委員会委員長が議長となり、会務を総理する。

(事務局)

第8条 協議会の事務局は、農業委員会事務局に置く。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか必要な事項については、会長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年7月18日農委告示第7号)

この告示は、公布の日から施行する。

雲南市標準農作業料金検討協議会規程

平成23年12月20日 農業委員会告示第63号

(平成29年7月18日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農業委員会
沿革情報
平成23年12月20日 農業委員会告示第63号
平成29年7月18日 農業委員会告示第7号