○雲南市プロポーザル方式受注者選定委員会条例

平成24年3月28日

条例第13号

(設置)

第1条 市が発注する高度な知識と豊かな経験を必要とする業務において、プロポーザル方式により受注者を選定するに当たり、審査を厳正かつ公平に行うため、雲南市プロポーザル方式受注者選定委員会(以下「選定委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 選定委員会は、次に掲げる事項について調査審議し、その結果を市長へ報告するものとする。

(1) 当該業務に係る受注者の選定基準に関すること。

(2) 受注者の選定に係る審査に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、受注者の選定に関し必要な事項に関すること。

(組織)

第3条 選定委員会は、10人以内をもって組織し、当該業務ごとに次に掲げる者のうちから市長が委嘱又は任命する。

(1) 識見を有する者

(2) 市民の代表

(3) 副市長

(5) その他市長が必要と認める者

(委員の任期)

第4条 委員の任期は、委嘱又は任命の日から受注者を選定するまでの期間とする。

2 受注者を選定した以降に、委託作業の内容等について意見聴取等を実施する場合は、必要とする期間までとすることができる。

(委員長及び副委員長)

第5条 選定委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 委員長は、選定委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故等があるときは、副委員長がその職務を代理する。

(会議)

第6条 選定委員会は、委員長が招集する。ただし、最初に行う会議は、市長が招集する。

2 選定委員会は、委員の過半数の出席によって成立する。

3 選定委員会は、必要があると認めるときは、会議に関係者を出席させ、その意見又は説明を求めることができる。

(守秘義務)

第7条 選定委員会の委員は、その職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(庶務)

第8条 選定委員会の庶務は、当該事業の担当部局において処理する。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、選定委員会の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

雲南市プロポーザル方式受注者選定委員会条例

平成24年3月28日 条例第13号

(平成24年3月28日施行)