○雲南市職員の自動車運転免許等の管理に関する規程

平成24年12月25日

訓令第19号

(趣旨)

第1条 この訓令は、自動車運転免許証を保有する雲南市職員(以下「職員」という。)が、適正に市有自動車の運転を行うための自動車運転免許等の管理について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 所属長 雲南市行政組織規則(平成16年雲南市規則第4号)に規定する本庁の課及び地方機関並びに雲南市教育委員会、雲南市議会、監査委員及び農業委員会の事務部局の長をいう。

(2) 市有自動車 自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第2条第1項に規定する自動車で、雲南市が所有し、又は管理するものをいう。

(3) 課等 雲南市行政組織規則に規定する課及び地方機関並びに雲南市教育委員会、雲南市議会、監査委員及び農業委員会の事務局をいう。

(4) 職員 雲南市職員定数条例(平成16年雲南市条例第37号)に規定する職員、雲南市臨時職員取扱規則(平成23年雲南市規則第4号)に規定する臨時的任用に係る職員及び雲南市嘱託職員取扱規則(平成23年雲南市規則第5号)に規定する臨時又は非常勤の特別職の職員をいう。

(自動車運転職員管理票)

第3条 所属長は、市有自動車の運転が必要な職員についての自動車運転職員管理票(別記様式)を作成し、自動車運転免許証の写しを添えて管理するものとする。ただし、当該職員が部長級職員等であって課等に所属しない職員(以下「部長等」という。)については、その部局の庶務を所掌する課等の所属長が行うものとする。

2 職員は、自動車運転職員管理票の記載事項に変更が生じた場合は、自動車運転免許証の写しを添えて所属長に報告するものとする。

3 所属長は、職員から変更の報告があった場合は、自動車運転職員管理票を変更するものとする。

4 人事異動等により職員の課等が変更となった場合は、自動車運転管理票を変更先の課等へ移管するものとする。

(市有自動車の運転)

第4条 市有自動車の運転を行うことができる職員は、自動車運転職員管理票により適正な自動車運転免許保有者であることが認められた職員でなければならない。

2 所属長は、前項に規定する職員以外の者に市有自動車を運転させてはならない。

3 所属長は、職員の運転経験、心身の状況、交通事故その他の事情により市有自動車の運転を制限することができる。

附 則

この訓令は、平成25年1月1日から施行する。

画像

雲南市職員の自動車運転免許等の管理に関する規程

平成24年12月25日 訓令第19号

(平成25年1月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成24年12月25日 訓令第19号