○雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付要綱

平成25年3月28日

告示第93号

(趣旨)

第1条 この告示は、市内の森林資源の活用促進による森林環境の保全、地球温暖化の防止及び負荷が少ない再生可能エネルギーの普及促進を図ることに対し、雲南市森林バイオマス推進事業補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、この交付に関しては、雲南市補助金等交付規則(平成16年雲南市規則第44号。以下「規則」という。)に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象及び補助金の額等)

第2条 補助事業の名称、補助対象経費及び交付の率又は額並びに補助事業者の範囲は、別表のとおりとし、予算の範囲内で補助金を交付するものとする。

(交付申請)

第3条 補助金の交付を申請しようとする者(以下「申請者」という。)は、事業を実施する前に、雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付申請書(様式第1号。以下「交付申請書」という。)に、その他市長が定める書類を添付の上、市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第4条 市長は、提出された交付申請書の内容を規則第5条第1項の規定に基づいて審査し、適当と認めたときは、申請者に対し、雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(事業内容変更等)

第5条 前条の規定により補助金を交付すると決定した者(以下「補助対象者」という。)が、規則第13条第1項各号に該当する場合には、その内容及び理由を記載した雲南市森林バイオマス推進事業補助金変更承認申請書(様式第3号)を市長に提出し、その決定を受けなければならない。ただし、軽微な変更については、この限りでない。

2 前条の規定は、前項の承認をした場合に準用する。

(実績報告)

第6条 補助対象者は、事業が完了したときは、当該事業が完了した日から起算して30日を経過した日又は補助金の交付決定に係る年度の3月30日のいずれか早い日までに雲南市森林バイオマス推進事業補助金実績報告書(様式第4号。以下「実績報告書」という。)に、その他市長が定める書類を添付の上、市長に提出しなければならない。

(補助金の額の確定)

第7条 市長は、前条の規定による実績報告書の提出を受けたときは、規則第15条の規定に基づいて審査し、その成果が補助金の交付の決定の内容及びこれに付した条件に適合するものであると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、補助対象者に対し、雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付確定通知書(様式第5号)により通知するものとする。

(補助金の請求)

第8条 前条の規定により補助金の額の確定を受けた者は、雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付請求書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(補助金の取消し)

第9条 市長は、補助対象者が次の各号のいずれかに該当するときは、補助金の交付の取り消し、既に交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(1) 補助金を他の用途に使用したとき。

(2) 補助金の交付の決定の内容又はこれに付した条件に違反したとき。

(3) その他市長が不適当と認める事由が生じたとき。

(財産処分の制限)

第10条 補助対象者は、補助金交付の対象となった林業機械及び薪ストーブ等を処分するときは、あらかじめ雲南市森林バイオマス推進事業処分承認申請書(様式第7号)を市長に提出し、その承認を受けなければならない。

(委任)

第11条 この告示に定めるもののほか、この補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成25年4月1日から施行する。

(告示の失効)

2 この告示は、平成33年3月31日限り、その効力を失う。ただし、同日以前にこの規定に基づき既に交付された交付申請に係る補助金の交付に関しては、この告示の施行後も、なおその効力を有する。

(平成30年度における補助金の額の特例)

3 平成30年度において交付する補助金の額は、別表に規定する次の各号に掲げる補助事業の区分に応じ算出した額に、当該各号に定める島根県太陽光発電等導入支援事業補助金交付要綱(平成24年3月16日付土資第446号)別表の規定により算出された補助金の額を加算するものとする。

(1) 薪ストーブ等導入事業 木質バイオマス熱利用設備補助金

(2) 市民参加型収集運搬システム林業機械導入事業 林地残材の集積装置補助金

附 則(平成26年3月26日告示第99号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日告示第109号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年2月26日告示第33号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年10月3日告示第350号)

(施行期日)

1 この告示は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付要綱の規定は、施行の日以後の申請について適用し、同日前の申請に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成29年3月27日告示第49号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月26日告示第64号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月26日告示第96号)

(施行期日)

1 この告示は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付要綱の規定は、平成30年4月1日以後の申請について適用し、同日前の申請に係るものについては、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

補助事業の名称

補助対象経費等

交付の率又は額

補助事業者の範囲

林地残材活用推進事業

市内の山林から搬出される木材のうち市のバイオマスエネルギー事業にかかわるチップ材として出荷する木材の搬出に要する経費とする。

出荷した木材の重量1トン当たり3,000円以内とする。

市内の森林組合及び市内に本社又は営業所を有する素材生産業を営む者

市民参加型収集運搬システム林業機械導入事業

(1) 残材搬出に用いるチェーンソー、林内作業車等の林業機械及び道具の導入経費とする。

(2) 購入経費が、1件5万円以上のものとする。

(3) 未使用のものであること。

(4) 汎用性の高いものは除く。

(5) 購入先は里山券取扱店舗であること。

補助対象経費に3分の1を乗じて得た額以内として補助金の上限額は10万円とする。

(1) 市内に住所を有する者

(2) 市民参加収集運搬システムの登録者(予定者を含む)として継続して事業に参加する者又はシステムの登録グループ

(3) 市税等の滞納をしていない者

薪ストーブ等導入事業

(1) 薪等を燃料として使用するストーブ及びボイラーの本体の購入経費とする。

(2) 購入経費が、1件5万円以上のものとする。

(3) 未使用のものであること。

(4) 購入先は里山券取扱店舗であること。

補助対象経費に3分の1を乗じて得た額以内として補助金の上限額は5万円とする。

(1) 市内に住所を有する者

(2) 市税等の滞納をしていない者

補助金の額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額とする。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市森林バイオマス推進事業補助金交付要綱

平成25年3月28日 告示第93号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成25年3月28日 告示第93号
平成26年3月26日 告示第99号
平成27年3月23日 告示第109号
平成28年2月26日 告示第33号
平成28年10月3日 告示第350号
平成29年3月27日 告示第49号
平成30年3月26日 告示第64号
平成30年3月26日 告示第96号