○雲南市だんだんタクシー条例

平成26年3月26日

条例第4号

雲南市だんだんタクシー事業の実施に関する条例(平成16年雲南市条例第30号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は、デマンド型乗合タクシーである雲南市だんだんタクシー(以下「だんだんタクシー」という。)事業に関し必要な事項を定めることにより、市民の日常生活に必要な交通手段を確保し、公共交通空白地域の解消と市民福祉の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例においてデマンド型乗合タクシーとは、利用しようとする者(以下「利用者」という。)からの予約を受けて、乗車場所からそれぞれの目的地まで送迎する乗合タクシーをいう。

(運行方法)

第3条 だんだんタクシーの運行は、道路運送法(昭和26年法律第183号)第4条の規定に基づく一般乗合旅客自動車運送事業の許可を受けたタクシー事業者(以下「運行事業者」という。)が、市の委託に基づき有償により乗客を運送する。

2 運行事業者は、可能な限り利用者の自宅や停留所から目的地までを結ぶ送迎を基本とする。

(運行路線等)

第4条 だんだんタクシーの運行路線名、利用対象地域、運行回数、運行日、運行開始時間及び停留所については、市長が規則で定める。

(利用方法)

第5条 だんだんタクシーを利用する者は、事前に登録するものとする。ただし、緊急時等やむを得ない場合は、事後においても登録することができるものとする。

2 だんだんタクシーを利用するときは、事前に予約しなければならない。

(運賃)

第6条 だんだんタクシーの運賃は、雲南市地域公共交通協議会で承認された運賃に基づき、運行事業者が中国運輸局長へ届け出た運賃とし、運行事業者が利用者から運賃を収受するものとする。

2 運賃の支払い方法は、現金、雲南市高齢者等のバス・タクシー利用料金の助成に関する条例(平成28年雲南市条例第36号)第4条第1項に規定する優待乗車券又は運行事業者が発行する回数乗車券のいずれかとする。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日条例第3号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月27日条例第36号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

雲南市だんだんタクシー条例

平成26年3月26日 条例第4号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通対策
沿革情報
平成26年3月26日 条例第4号
平成27年3月23日 条例第3号
平成28年12月27日 条例第36号