○雲南市子育て支援センター条例

平成26年3月26日

条例第11号

雲南市木次子育て支援センター設置条例(平成16年雲南市条例第109号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 地域や家庭におけるより良い子育て環境をつくるために、子育てに関する相談と同世代の親子の仲間づくりを支援する場として、また子育て情報提供の拠点として、子育て支援センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

雲南市加茂子育て支援センター

雲南市加茂町加茂中1001番地4

雲南市木次子育て支援センター

雲南市木次町里方915番地1

(管理)

第3条 センターの管理は、市長が行う。

(業務)

第4条 センターの事業は、次に掲げるとおりとする。

(1) 子育てに関する相談業務

(2) 親子の交流の場と遊び場の提供

(3) 子育て支援の活動をしている団体への支援

(4) 子育てに関する情報の収集及び提供並びに支援活動の企画及び調整

(5) 前各号に定めるもののほか、センターの設置目的を達成するために必要な業務

(利用対象者)

第5条 センターを利用できるものは、次に掲げるものとする。

(1) 市内に居住する児童及びその保護者

(2) 市内で子育ての支援活動をしている団体又は個人

(3) 前2号に定めるもののほか、市長が認めるもの

(利用の許可)

第6条 センターを利用しようとするものは、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可をする場合において、管理上必要な条件を付することができる。

(利用の許可の基準)

第7条 市長は、前条の許可を受けようとするものが次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、許可をしないことができる。

(1) センターにおける公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) センターの施設又は設備を棄損し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) その他利用させることが、センターの管理上支障があると認められるとき。

(4) 前3号のほか、市長が利用を不適当と認めたとき。

(許可の取消し)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、その利用を中止し、又は許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく諸規程に違反したとき。

(2) 偽りその他不正の手段により許可を受けたとき。

(3) 災害その他やむを得ない事由によりセンターの利用ができないとき。

2 利用者は、前項の規定による利用の中止又は利用許可の取消しによって生じた損害の賠償を請求することはできない。

(利用料)

第9条 センターの利用料は、無料とする。

(目的外利用等の禁止)

第10条 利用者は、センターを許可された目的以外の目的に施設等を利用し、又はその利用の権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(設備等の持込み利用)

第11条 利用者は、センターに特別な設備をし、又は備付け以外の器具の持込み利用をしようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(原状回復の義務)

第12条 利用者は、利用を終わったとき、又は第8条第1項の規定により利用許可を取り消されたときは、利用した施設を原状に復し返還しなければならない。

(損害賠償)

第13条 故意又は過失によりセンターの施設又は設備を棄損し、又は滅失したものは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、損害賠償義務の全部又は一部を免除することができる。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

雲南市子育て支援センター条例

平成26年3月26日 条例第11号

(平成26年4月1日施行)