○雲南市子育て支援センター条例施行規則

平成26年3月26日

規則第12号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市子育て支援センター条例(平成26年雲南市条例第11号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の許可申請)

第2条 条例第6条第1項の規定により、雲南市子育て支援センター(以下「センター」という。)を利用しようとするときは、子育て支援センター利用受付簿(様式第1号)に必要事項を記入しなければならない。ただし、法人その他の団体がセンターを利用しようとするときは、あらかじめ子育て支援センター利用許可申請書(様式第2号。以下「申請書」という。)を提出し、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項ただし書きの規定による申請書を受理した場合において利用を許可したときは、子育て支援センター利用(許可・不許可)決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(許可の取消し等)

第3条 市長は、条例第8条第1項の規定により、その利用を中止し、又は許可を取り消すときは、子育て支援センター利用許可取消通知書(様式第4号)により、利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)に通知するものとする。

(利用者の遵守すべき事項)

第4条 利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 利用の許可を受けた施設以外の施設に立ち入らないこと。

(2) 利用の許可を受けた設備以外の設備を使用しないこと。

(3) 市長の許可を受けないで、施設内において寄附金の募集、物品の販売及び飲食物の提供等を行わないこと。

(4) 所定の場所以外で喫煙し、又は飲食しないこと。

(5) 火災及び盗難等の発生防止に留意すること。

(6) その他市長が必要と認める事項

(き損等の届出)

第5条 利用者は、施設又は設備をき損し、又は滅失したときは、子育て支援センターき損・滅失等届(様式第5号)を市長に提出し、その指示に従わなければならない。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月25日規則第26号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、第1条の規定による改正前の雲南市情報公開条例施行規則、第2条の規定による改正前の雲南市個人情報保護条例施行規則、第4条の規定による改正前の雲南市生活保護法施行細則、第5条の規定による改正前の雲南市助産の実施に関する条例施行規則、第6条の規定による改正前の雲南市母子生活支援施設における母子保護の実施等に関する規則、第7条の規定による改正前の雲南市福祉医療費助成条例施行規則、第8条の規定による改正前の雲南市基準該当居宅支援事業者の登録等に関する規則、第9条の規定による改正前の雲南市児童福祉法施行細則、第10条の規定による改正前の雲南市保育の実施に関する規則、第11条の規定による改正前の雲南市児童手当事務取扱規則、第12条の規定による改正前の雲南市子ども手当事務処理規則、第13条の規定による改正前の雲南市子ども医療費助成条例施行規則、第14条の規定による改正前の雲南市子育て支援センター条例施行規則、第15条の規定による改正前の雲南市特定教育・保育施設における利用者負担額徴収規則、第16条の規定による改正前の雲南市老人福祉法施行細則、第17条の規定による改正前の雲南市老人福祉法第28条の規定に基づく費用の徴収に関する規則、第18条の規定による改正前の雲南市障害児福祉手当及び特別障害者手当等の支給に関する事務取扱規則、第19条の規定による改正前の雲南市身体障害者福祉法施行細則、第20条の規定による改正前の雲南市知的障害者福祉法施行細則、第21条の規定による改正前の雲南市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行細則、第22条の規定による改正前の雲南都市計画事業大木原土地区画整理事業清算金徴収交付事務取扱規則、第23条の規定による改正前の雲南市特定公共賃貸住宅条例施行規則及び第24条の規定による改正前の雲南市定住促進住宅条例施行規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市子育て支援センター条例施行規則

平成26年3月26日 規則第12号

(平成28年4月1日施行)