○雲南市児童養育相談員要綱

平成26年3月26日

訓令第10号

(設置)

第1条 家庭における適正な児童養育その他家庭児童福祉の向上を図るため、雲南市児童養育相談員(以下「相談員」という。)を置くことができる。

(身分)

第2条 相談員の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に定める職員とする。

(委嘱)

第3条 相談員は、社会的信望があり、児童相談指導及び適正な児童養育事業について、熱意と見識を有する者のうちから市長が委嘱する。

(委嘱期間)

第4条 相談員の委嘱期間は、1年とする。ただし、再任されることを妨げない。

(職務)

第5条 相談員は、次に掲げる業務を行う。

(1) 子育てに関する相談及び情報提供に関すること。

(2) 児童虐待予防に関すること。

(3) 保育所との連携に関すること。

(4) その他児童福祉に必要な業務に関すること。

(報酬)

第6条 相談員に予算の範囲内で報酬を支給する。

(服務)

第7条 相談員は、職務上知り得た情報を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(委任)

第8条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

雲南市児童養育相談員要綱

平成26年3月26日 訓令第10号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子(父子)福祉
沿革情報
平成26年3月26日 訓令第10号