○雲南市住宅リフォーム支援事業補助金交付要綱

平成27年3月23日

告示第137号

(趣旨)

第1条 この告示は、雲南市木造住宅耐震化等促進事業又はしまねの長寿の住まいリフォーム助成事業の補助を受けて実施する住宅の改修工事、下水道施設への接続を伴った住宅の改修工事及びエコ住宅改修又はエコ住宅設備による住宅のエコ化工事を行う場合に、市が予算の範囲内において、要する費用の一部を補助することによって、市民の住宅の安全性確保及び居住環境の向上をより促進することを目的する雲南市住宅リフォーム支援事業補助金(以下「補助金」という。)に関し、雲南市補助金等交付規則(平成16年雲南市規則第44号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 建築物 土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)をいい、建築設備を含むものとする。

(2) 個人住宅 自己の居住の用に供する建築物をいう。

(3) 併用住宅 建築物に個人住宅部分、店舗、事務所又は賃貸住宅等(以下「非個人住宅」という。)の部分がある建築物をいう。

(4) 住宅 前2号に掲げる建築物をいう。

(5) 雲南市木造住宅耐震化等促進事業 雲南市が、雲南市木造住宅耐震化等促進事業補助金交付要綱(平成23年雲南市告示第125号)に基づいて補助金を交付する助成事業をいう。

(6) しまね長寿の住まいリフォーム助成事業 財団法人島根県建築住宅センターが、しまね長寿の住まいリフォーム助成事業補助金交付要綱に基づいて補助金を交付する助成事業をいう。

(7) 下水道施設への接続を伴った住宅の改修工事(以下「下水道接続工事」とする。) 下水道法(昭和33年法律第79号)等に基づく、排水設備の下水道施設への新規接続工事で、かつ、内装工事を伴うものをいう。

(8) エコ住宅改修 別表第5に掲げる工事をいう。

(9) エコ住宅設備 別表第5に掲げる工事をいう。

(10) 増築 既存の建築物に建て増しを行い、床面積を増やすことをいう。なお、同一の敷地内に用途上不可分な建築物を別に建築する場合を含む。

(11) 施工業者 第5号から第9号までに掲げる工事を行う、市内に本社を有する法人若しくは個人事業者又は雲南市木造住宅耐震化等促進事業において補強計画を行う登録診断士をいう。

(交付対象者)

第3条 補助の対象者は、次の各号に掲げる全ての要件を満たす者とする。

(1) 雲南市に住民登録又は外国人登録を有する者であること。

(2) 市内に住宅を自ら所有し、居住している者であること。

(3) 助成を受けようとする改修工事箇所について、前条第5号及び第6号以外の国、県又は市の他の住宅制度による補助を受けていないこと。

(4) 市税及び公共料金等を滞納していない者であること。

(5) 過去に雲南市住宅改修促進事業補助金交付要綱(平成24年雲南市告示第137号)による補助金の交付を受けていない者であること。

(6) 過去にこの補助金の交付を受けていない者であること。ただし、前条第5号のうち、補強計画策定の補助対象業務へのこの補助金の交付を受けた者を除く。

(交付対象住宅)

第4条 補助の対象となる住宅は、助成対象者が市内に所有する個人住宅又は併用住宅の個人住宅部分である既存の建築物とする。ただし、エコ住宅改修及びエコ住宅設備による住宅のエコ化工事の場合は、増築する個人住宅部分を含むものとする。

2 過去に雲南市住宅改修促進事業補助金交付要綱による補助金の交付を受けていない住宅であること。

3 過去にこの補助金の交付を受けていない住宅であること。ただし、第2条第5号のうち、補強計画策定の補助対象業務へのこの補助金の交付を受けた住宅を除く。

(交付対象工事等)

第5条 補助金の交付対象となる工事等は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 雲南市木造住宅耐震化等促進事業のうち、補強計画策定の補助対象業務及び耐震改修の補助対象工事

(2) しまね長寿の住まいリフォーム助成事業のうち、バリアフリーリフォーム助成の補助対象工事

(3) 工事費が50万円以上の下水道接続工事

(4) 工事費が30万円以上のエコ住宅改修及びエコ住宅設備

2 前項第3号及び第4号の交付対象工事等においては、第8条に規定する交付決定を受けた後に着手するものであること。

3 施工業者を利用して、事業実施年度の3月15日までに工事を完了し、かつ、実績の報告が可能であること。

(補助金の額)

第6条 補助金の額は、別表第1のとおりとし、予算の範囲内で交付するものとする。

2 前条第1項第2号による工事等と同項第3号による工事等との補助金の併用は認めない。また、同項第1号第2号又は第3号の工事等と同項第4号の工事等との補助金の併用も認めない。

3 前条第1項第1号による工事等と同項第2号による工事等との補助金の併用は認める。また、同項第1号による工事等と同項第3号による工事等との補助金の併用は認める。併用した場合は、合計の補助金限度額を20万円とする。

4 予算の範囲内に関する必要な事項は、市長が別に定める。

(交付申請)

第7条 補助金の交付を受けようとする者(以下「交付申請者」という。)は、規則第4条により、雲南市住宅リフォーム支援事業補助金交付申請書(様式第1号。以下「交付申請書」という。)に、同意書(様式第2号)及び別表第2に記載する書類を添付のうえ、市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第8条 市長は、提出された交付申請書の内容を規則第5条第1項の規定に基づいて審査し、補助金の額を決定し、交付申請者に対し、雲南市住宅リフォーム支援事業補助金交付決定通知書(様式第3号。以下「交付決定通知書」という。)により通知するものとする。

(権利譲渡の禁止)

第9条 前条の規定により交付決定通知書を受けた者(以下「交付決定者」という。)は、補助金の交付を受ける権利を第三者に譲渡し、又は担保に供してはならない。

(申請事項の変更)

第10条 交付決定者は交付対象工事の内容の変更又は交付対象工事に要する経費の変更が申請額の3割を超えるときは、雲南市住宅リフォーム支援事業補助金変更承認申請書(様式第4号。以下「変更承認申請書」という。)別表第3に記載する書類を添えて市長に提出し、その承認を受けなければならない。

2 前項の申請に基づく補助金の額の変更は、予算の範囲内とする。

3 市長は、提出された変更承認申請書に基づき変更の承認をしたときは、交付申請者に対し、雲南市住宅リフォーム支援事業補助金変更交付決定通知書(様式第5号。以下「変更交付決定通知書」という。)により通知するものとする。

(実績報告)

第11条 交付決定者は、当該補助金の交付の決定に係る行為を完了したときは、速やかに雲南市住宅リフォーム支援事業補助金実績報告書(様式第6号。以下「実績報告書」という。)別表第4に掲げる書類を添えて市長に報告しなければならない。

(補助金の額の確定)

第12条 市長は前条の規定による報告があったときは、速やかに当該行為を審査し、適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、補助金確定通知書(様式第7号)により交付決定者に通知するものとする。

(補助金の交付)

第13条 補助対象者は前条の規定による通知を受けたときは、市長に補助金の交付を請求することができる。

(補助金の交付決定の取消し)

第14条 市長は、交付決定者が次の各号のいずれかに該当するときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 補助金の交付の決定内容又はこれに付した条件に違反したとき。

(2) 不正の手段により、補助金の交付の決定を受けたとき。

(3) 補助金交付の目的達成に支障となる行為を行ったとき又は目的の達成に必要な市長の指示に従わなかったとき。

(4) 補助金を他の用途に使用したとき。

(補助金の返還)

第15条 市長は、前条の規定により補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消した場合において、当該取消しに係る部分に関し、既に補助金が交付されているときは、期限を定めてその返還を命ずるものとする。

(補助対象の適正管理)

第16条 補助の対象となった建築物等その他について権利を有するものは、当該建築物等その他の適正管理に努めなければならない。

(委任)

第17条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成27年4月1日から施行する。

(告示の失効)

2 この告示は、平成32年3月31日限り、その効力を失う。ただし、同日以前にこの規定に基づき既に交付された交付申請に係る補助金の交付に関しては、この告示の施行後も、なおその効力を有する。

附 則(平成28年3月25日告示第101号)

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の雲南市住宅リフォーム支援事業補助金交付要綱の規定は、平成28年4月1日以後の申請について適用し、同日前の申請に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成29年3月27日告示第89号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

補助対象となる工事

補助金の額

補助金の限度額

しまね長寿の住まいリフォーム助成事業

バリアフリー

リフォーム助成

当該事業の補助額の50%以内の額

100,000

雲南市木造住宅耐震化等促進事業

補強計画

当該事業の補助額の50%以内の額

100,000

耐震改修

当該事業の補助額の50%以内の額

200,000

下水道接続工事

要する費用の20%以内の額

100,000

エコ住宅改修

要する費用の20%以内の額

200,000

エコ住宅設備

要する費用の20%以内の額

100,000

別表第2(第7条関係)

交付申請書に添付する書類

しまね長寿の住まいリフォーム助成事業

同左事業の補助金申込書(写し)

同左事業の選定結果通知書(写し)

同左事業の工事着手前状況(写し)

同左事業の見積書(写し)

その他市長が必要と認める書類

雲南市木造住宅耐震化等促進事業

同左事業の補助金交付決定通知書(写し)

同左事業の見積書(写し)

その他市長が必要と認める書類

下水道施設への接続

排水設備確認通知書(写し)

見積書(写し)

建物見取図

現況写真

その他市長が必要と認める書類

エコ住宅改修

製造会社の型番が確認できる書類(写し)

見積書(写し)

建物見取図

現況写真

その他市長が必要と認める書類

エコ住宅設備

製造会社の型番が確認できる書類(写し)

見積書(写し)

建物見取図

現況写真

その他市長が必要と認める書類

別表第3(第10条関係)

変更承認申請書に添付する書類

しまね長寿の住まいリフォーム助成事業

同左事業の補助金申込書(写し)

同左事業の選定結果通知書(写し)

同左事業の見積書(写し)

同左事業の工事着手前状況(写し)

その他市長が必要と認める書類

雲南市木造住宅耐震化等促進事業

同左事業の補助金交付決定通知書(写し)

見積書(写し)

その他市長が必要と認める書類

下水道施設への接続

見積書(写し)

建物見取図

現況写真

その他市長が必要と認める書類

エコ住宅改修

見積書(写し)

建物見取図

現況写真

その他市長が必要と認める書類

エコ住宅設備

見積書(写し)

建物見取図

現況写真

その他市長が必要と認める書類

別表第4(第11条関係)

実績報告書に添付する書類

しまね長寿の住まいリフォーム助成事業

同左事業の補助金交付決定書(写し)

同左事業の完成状況(写し)

その他市長が必要と認める書類

雲南市木造住宅耐震化等促進事業

同左事業の補助金確定通知書(写し)

その他市長が必要と認める書類

下水道施設への接続

領収書(写し)

建物見取図(完成図)

完成写真

その他市長が必要と認める書類

エコ住宅設備

納品書又は出荷証明書(写し)

領収書(写し)

建物見取図(完成図)

完成写真

その他市長が必要と認める書類

エコ住宅改修

納品書又は出荷証明書(写し)

領収書(写し)

建物見取図(完成図)

完成写真

その他市長が必要と認める書類

別表第5(第2条関係)

エコ住宅改修

窓の断熱改修(内窓の設置、ペアガラスの取替え、遮熱ガラスへの取替え)

外壁の断熱改修

屋根・天井の断熱改修

床の断熱改修

上記の改修に伴うフローリング、クロス、畳の取替えその他の費用

エコ住宅設備

高効率給湯器

太陽熱温水器

LED照明

節水型トイレ便器

高断熱浴槽ユニットバス

節湯水栓

上記の設備の設置に伴う設置費用

画像画像

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

雲南市住宅リフォーム支援事業補助金交付要綱

平成27年3月23日 告示第137号

(平成29年4月1日施行)