○雲南市預かり保育事業費補助金交付要綱

平成28年3月25日

告示第98号

(趣旨)

第1条 この告示は、雲南市補助金等交付規則(平成16年雲南市規則第44号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、地域の子育て支援を図るため、預かり保育事業を実施する組織に対し、補助金を交付することについて必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 長期休業期間 日曜日、土曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに1月2日、同月3日及び12月29日から同月31日までを除く次の期間

 夏休み及び冬休み期間 管理規則第3条第1項第4号及び第5号に規定する期間。ただし、管理規則第3条第3項の規定により変更された場合はその期間

 その他市長が必要と認める期間

(2) 預かり保育事業 幼稚園が通常の就園時間以外に実施する保育事業及び長期休業期間に実施する保育事業

(補助対象事業)

第3条 補助金の交付の対象となる事業は、次の各号に掲げる要件を満たす預かり保育事業とする。

(2) 次に掲げる期間及び時間の保育であること。

 前条第1号に規定する期間のうちの期間の3分の2以上の日数において午前8時から午後6時まで

 前条第1号イ及びのそれぞれの期間の3分の2以上の日数において午前9時30分以前から午後6時まで

 前条第1号に規定する以外の期間(日曜日、土曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日を除く。)において幼稚園が通常実施している就園時間の終了後から午後6時まで

(3) おおむね5人以上の市内に住所を有する幼児に対して、預かり保育を実施すること。

(4) 3歳児以上の幼稚園児を対象とすること。

(5) 保育者が常時1人以上であること。

(補助対象経費)

第4条 補助金の交付の対象となる経費は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 賃金

(2) 消耗品費

(3) 委託費

(4) その他市長が必要と認める経費

(補助金の交付額)

第5条 補助金の交付額は、補助対象経費の10分の9以下とし、補助限度額は50万円とする。

(交付の申請)

第6条 規則第4条の規定により補助金の交付を申請しようとするときは、雲南市預かり保育事業費補助金交付申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(交付決定通知)

第7条 規則第7条の規定による通知は、雲南市預かり保育事業費補助金交付決定通知書(様式第2号)によるものとする。

(変更等の承認申請)

第8条 規則第13条第1項の規定により承認を受けようとするときは、雲南市預かり保育事業変更等承認申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請を受けた場合は、その内容を審査し、これを承認したときは、雲南市預かり保育事業変更等承認通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

(実績報告)

第9条 規則第14条の規定により実績報告をしようとするときは、雲南市預かり保育事業実績報告書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(確定通知)

第10条 規則第15条の規定による通知は、雲南市預かり保育事業費補助金交付額確定通知書(様式第6号)によるものとする。

(交付の請求)

第11条 補助金の交付を請求しようとするときは、雲南市預かり保育事業費補助金交付請求書(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

(決定の取消通知)

第12条 規則第18条の規定による通知は、雲南市預かり保育事業費補助金交付決定取消通知書(様式第8号)によるものとする。

(委任)

第13条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日より施行する。

(告示の効力)

2 この告示は、平成34年3月31日限り、その効力を失う。ただし、同日以前にこの告示に基づき既に交付された交付申請に係る補助金の交付に関しては、この告示の失効後もなおその効力を有する。

附 則(平成31年3月22日告示第121号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市預かり保育事業費補助金交付要綱

平成28年3月25日 告示第98号

(平成31年3月22日施行)