○雲南市ケア会議等要綱

平成28年3月25日

訓令第12号

雲南市ケア会議等設置要綱(平成16年雲南市訓令第17号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この訓令は、高齢者等が住み慣れた地域で安心して自分らしい生活を継続することを目指し、高齢者サービス及び地域における多様な社会資源の支援体制を構築することを目的とした雲南市ケア会議(以下「ケア会議」という。)の設置及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(会議)

第2条 ケア会議には、次に掲げる会議を設けるものとする。

(1) 自立支援型ケア会議

(2) 日常生活圏域ケア会議

(3) 市ケア会議

(所掌事項)

第3条 ケア会議は、次の各号に掲げる事項を所掌する。

(1) 多職種が協働し支援内容を検討することで個別課題の解決を支援すること。

(2) 実態把握や課題解決を図るため、地域関係機関等の相互連携を高め、地域包括支援ネットワークを構築すること。

(3) 個別ケースの課題分析等を積み重ね、地域課題を把握すること。

(4) インフォーマルサービス、地域の見守りネットワークその他地域で必要な資源を開発すること。

(5) 地域に必要な取組を明らかにし、政策の立案等について協議すること。

(6) その他市長が必要と認める事項

(組織)

第4条 ケア会議の構成員は、次の各号に掲げる者とし、協議する内容及び会議の議題により、必要な者を構成員とすることができる。

(1) 保健医療関係者

(2) 民生児童委員

(3) 介護保険サービス提供事業所職員

(4) 高齢者関係機関の職員

(5) 行政機関の職員

(6) その他市長が必要と認める者

(開催)

第5条 ケア会議は、必要に応じて随時開催するものとする。

(庶務)

第6条 ケア会議の庶務は、健康福祉部長寿障がい福祉課保健医療介護連携室において処理する。

(個人情報の保護と秘密保持)

第7条 ケア会議の出席者は、ケア会議で知り得た情報等を他に漏らしてはならない。

2 ケア会議の議題となる事案の提供者は、当該事案の対象となる高齢者から、ケア会議の議案とすることについて了解を得るよう努めなければならない。

(委任)

第8条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日訓令第2号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

雲南市ケア会議等要綱

平成28年3月25日 訓令第12号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
平成28年3月25日 訓令第12号
平成31年3月22日 訓令第2号