○雲南市母子保健コーディネーター要綱

平成28年3月25日

訓令第15号

(設置)

第1条 妊娠期から子育て期にわたる妊娠、出産及び育児等に関する様々な相談に一元的に応じ、関係機関との母子保健事業に関するコーディネートを行うため、母子保健コーディネーター(以下「コーディネーター」という。)を置く。

(職務)

第2条 コーディネーターは、次に掲げる業務に従事する。

(1) 妊産婦等への相談助言指導に関する業務

(2) 妊産婦等へ相談を行うために必要な情報の収集及び提供に関する業務

(3) 地域で母子保健に関わる関係機関との連絡調整に関する業務

(4) その他母子保健に必要な業務

(身分及び所属)

第3条 コーディネーターは、雲南市嘱託職員取扱規則(平成23年雲南市規則第5号。以下「規則」という。)の規定による嘱託職員とする。

2 コーディネーターの所属は、健康福祉部健康推進課とする。

(任用)

第4条 コーディネーターは、規則に基づき市長が任用する。

(任用期間)

第5条 コーディネーターの任用期間は、1年以内とする。ただし、再任を妨げない。

2 前項前段の期間内であっても特別の事由があるときは、これを免ずることができる。

(報酬)

第6条 コーディネーターに予算の範囲内で報酬を支給する。

2 支給日及び支払方法は、規則の規定による。

(勤務)

第7条 コーディネーターの勤務日数は、1月につき17日とし、勤務時間は午前8時30分から午後5時15分までとする。ただし、業務の都合により勤務時間を変更することができる。

(委任)

第8条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

雲南市母子保健コーディネーター要綱

平成28年3月25日 訓令第15号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子(父子)福祉
沿革情報
平成28年3月25日 訓令第15号