○雲南市子ども・子育て支援新制度に係る業務管理体制に関する規程

平成28年3月25日

訓令第19号

(趣旨)

第1条 この訓令は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)の規定に基づき、特定教育・保育施設の業務管理体制を整備することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 業務管理体制 子ども・子育て支援法第55条第1項に規定する業務管理体制をいう。

(2) 特定教育・保育施設 子ども・子育て支援法第27条第1項に規定する特定教育・保育施設である幼稚園及び保育所をいう。

(3) 認定こども園 雲南市立認定こども園条例(平成27年雲南市条例第19号)第3条第1項に掲げる認定こども園をいう。

(4) 幼稚園 雲南市立幼稚園条例(平成16年雲南市条例第107号)第2条に掲げる幼稚園をいう。

(6) 特定教育・保育 子ども・子育て支援法第27条第1項に規定する特定教育・保育をいう。

(基本方針)

第3条 市長は、特定教育・保育施設の運営の基本方針を次のとおり定める。

(1) 特定教育・保育の提供に当たり、子ども・子育て支援法、学校教育法(昭和22年法律第26号)、児童福祉法(昭和22年法律第164号)その他の法令を遵守する。

(2) 法令遵守責任者及び特定教育・保育施設の責任者が連携し、適正な運営を確保する。

(法令遵守責任者)

第4条 市長は、前条の基本方針に基づき、法令遵守責任者を置く。

2 法令遵守責任者は、子ども政策局子ども政策課長をもって充てる。

3 法令遵守責任者は、次の業務を行う。

(1) 前条第2号の規定に基づき、適正な運営を確保すること。

(2) 法令の遵守に関して、特定教育・保育施設の責任者その他職員に周知徹底を図ること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、法令遵守に関して必要な業務を行うこと。

(特定教育・保育施設の責任者の責務)

第5条 特定教育・保育施設の責任者(本条において「責任者」という。)は、次のとおりとする。

2 責任者は、それぞれの特定教育・保育施設において適正な運営が確保されるよう、所属職員を指揮監督する。

(職員の責務)

第6条 職員は、第3条に規定する基本方針に基づき、特定教育・保育の提供を適正に行う。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

雲南市子ども・子育て支援新制度に係る業務管理体制に関する規程

平成28年3月25日 訓令第19号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子(父子)福祉
沿革情報
平成28年3月25日 訓令第19号