○雲南市ブランド米推進作付支援事業補助金交付要綱

平成28年6月23日

告示第345号

(趣旨)

第1条 この告示は、プレミアムつや姫の作付条件を満たした稲作農家等に、島根県農業協同組合を介して米の買い取り価格の一部を補助することにより、稲作経営の安定化や良質な農産物の生産向上とブランド米の推進に寄与するため交付する雲南市ブランド米事業推進作付支援事業補助金(以下「補助金」という。)に関し、雲南市補助金等交付規則(平成16年雲南市規則第44号)に規定するもののほか、この告示の定めるところによる。

(補助対象者)

第2条 プレミアムつや姫の販売を行う島根県農業協同組合とする。

(補助対象事業)

第3条 補助の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、プレミアムつや姫の作付要件を満たしている米に対し、買い取り価格の差額分を補てんする。

(補助金額等)

第4条 補助金の額は、プレミアムつや姫の買い取り価格の差額の5分の4の額(補助金額に1,000円未満の端数を生じたときは、これを切り捨てた額)とする。

(交付申請)

第5条 補助対象者が補助金の交付を受けようとするとき(以下「申請者」という。)は、雲南市ブランド米推進作付支援事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長が別に定める期日までに提出しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 経費の額を証する書類

(4) その他市長が必要と認める書類

(交付決定)

第6条 市長は、前条の申請があったときは、速やかに内容を審査し、補助の可否を決定し、雲南市ブランド米推進作付支援事業補助金交付決定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(概算払請求)

第7条 申請者が概算払により補助金の交付を受けようとするときは、雲南市ブランド米推進作付支援事業補助金概算払い請求書(様式第3号)による請求書を市長に提出しなければならない。

(実績報告)

第8条 補助金の交付決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、補助事業が完了したときは、速やかに雲南市ブランド米推進作付支援事業実績報告書(様式第4号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 事業実績書

(2) 収支決算書

(3) 補助事業の経過又は成果を証する書類、写真等

(4) その他市長が必要と認める書類

(交付額の確定等)

第9条 市長は、前条の実績報告を受けたときは、速やかに内容を審査し、交付すべき補助金の額を確定し、雲南市ブランド米推進作付支援事業補助金確定通知書(様式第5号)により補助事業者に通知するものとする。

(補助金の交付及び請求)

第10条 市長は、補助事業者が当該補助事業を完了した後において補助金を交付する。ただし、市長が特に必要と認めるときは、補助事業の完了前に補助金の全部又は一部を交付することができる。

2 補助事業者は、補助金の交付の請求をしようとするときは、雲南市ブランド米推進作付支援事業補助金交付請求書(様式第6号)に市長が必要と認める書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(交付決定の取消し等)

第11条 市長は、虚偽の申請その他不正の手段により補助金の交付決定を受け、又は補助金の交付を受けた者に対し、その決定を取消し、又は補助金の返還を命ずるものとする。

(委任)

第12条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年7月1日から施行する。

(告示の失効)

2 この告示は、平成34年3月31日限り、その効力を失う。ただし、同日以前にこの規定に基づき既に交付された交付申請に係る補助金の交付に関しては、この告示の失効後も、なおその効力を有する。

附 則(平成31年3月22日告示第121号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市ブランド米推進作付支援事業補助金交付要綱

平成28年6月23日 告示第345号

(平成31年3月22日施行)