○雲南市農業委員会の農地利用最適化推進委員の選任に関する規則

平成29年1月24日

農業委員会規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)及び雲南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定める条例(平成28年雲南市条例第40号)の規定に基づき、雲南市農業委員会の農地利用最適化推進委員(以下「推進委員」という。)の選任手続き等について、法令に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(担当区域及び募集人数)

第2条 推進委員が担当する区域及び各区域における募集人数は、別表のとおりとする。

(推薦及び応募の区分)

第3条 法第19条の規定に基づく推進委員の推薦及び応募の区分については、次のとおりとする。

(1) 個人からの推薦

(2) 団体又は法人からの推薦

(3) 個人の応募

(推薦を受ける者及び応募する者の資格)

第4条 推進委員として推薦を受ける者及び募集に応募する者は、農業に関する識見を有し、農地等の利用の最適化の推進に関する事項その他の農業委員会の所掌に属する事項に関し、その職務を適切に行うことができる者で、推進委員の選任予定日において、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 市内に住所を有する者を基本に、市外に住所を有する者も妨げない。

(2) 市の職員(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第2項に規定する一般職員をいう。)でない者

(推薦手続き等)

第5条 推進委員の推薦にあたっては、次の手続きを経るものとする。

(1) 第3条第1号に規定する個人からの推薦にあたっては、農業者等が推薦するものとする。

(2) 第3条第2号に規定する団体又は法人からの推薦にあたっては、当該団体又は法人の代表者が推薦するものとする。

(3) 推薦は、雲南市農業委員会農地利用最適化推進委員推薦申込書(個人推薦)(様式第1号)又は推薦者が法人又は団体の場合は、雲南市農業委員会農地利用最適化推進委員推薦申込書(法人又は団体推薦)(様式第2号)に次の事項を記載するものとする。

 推薦する者の住所、氏名、職業、年齢及び性別

 推薦する者が法人又は団体である場合は、その名称、目的、代表者又は管理人の氏名、構成員の人数、構成員たる資格その他の当該推薦をする者の性格を明らかにする事項

 推薦を受ける者の住所、氏名、職業、年齢、性別、経歴及び農業経営の状況

 推薦の理由

 推薦する者が、同一の者について農業委員に推薦しているか否かの別

 その他必要と認める事項

(応募手続き等)

第6条 第3条第3号に規定する個人の応募にあたっては、応募する者は雲南市農業委員会農地利用最適化推進委員応募申込書(様式第3号)に次の事項を記載するものとする。

(1) 応募する者の住所、氏名、職業、年齢、性別、経歴及び農業経営の状況

(2) 応募の理由

(3) 応募する者が、農業委員に応募しているか否かの別

(4) その他必要と認める事項

(推薦、募集期間及び周知の方法)

第7条 推薦、募集期間は、概ね1月間とし、推進委員の募集にあたっては、次の方法により周知を行う。

(1) 雲南市広報誌等への掲載

(2) 雲南市ホームページ

(3) その他農業委員会が必要と認める方法

(推薦及び募集に応じた者の公表)

第8条 農業委員会は、推薦及び募集の期間の中間及び期間終了後に、推薦者の状況及び推薦を受けた者並びに募集に応じた者の氏名、職業、年齢等を遅滞なく雲南市ホームページ等に公表するものとする。

(候補者の選考)

第9条 農業委員会は、第5条及び第6条の規定に基づき推薦又は募集に応じた推進委員の候補者の選考に関し、雲南市農業委員会の農地利用最適化推進委員に関する選考委員会(以下「選考委員会」という。)に意見を求めるものとする。

2 選考委員会は、その合議によって候補者を選考したうえで、農業委員会に報告するものとする。

(推進委員の補充)

第10条 農業委員会は、推進委員が罷免、失職及び辞任等により欠員を生じた場合は、必要に応じてこの規則に定める手続きに基づき、速やかに推進委員の補充に努めなければならない。

2 推進委員の欠員が定数の6分の1を超えた場合は、この規則に定める手続きに基づき、速やかに推進委員を補充しなければならない。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、農業協同組合法等の一部を改正する等の法律(平成27年法律第63号)附則第29条第2項の規定によりなお従前の例により在任する農業委員の任期満了の日の翌日から施行する。ただし、この規則の公布の際現に在任する選挙による農業委員の全員が任期満了の前日以前に全てなくなったときは、そのなくなった日の翌日から施行する。

(準備行為)

2 この規則による推進委員の選任に関し、必要な事項は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

別表(第2条関係)

番号

区域の詳細

人数

1

大東町

大東、新庄、田中、清田、金成

2

2

飯田、養賀、山田、畑鵯、大東下分

2

3

遠所、幡屋、前原、仁和寺

2

4

西阿用、大ヶ谷、下佐世、上佐世

2

5

川井、東阿用、岡村、下阿用

1

6

山王寺、薦沢、須賀、北村、中湯石、南村、小河内、刈畑

2

7

上久野、下久野、塩田、篠淵

2

8

加茂町

立原、近松、大西、南加茂

1

9

東谷、猪尾、岩倉、畑

1

10

砂子原、新宮、加茂中

1

11

三代、神原、下神原、宇治

1

12

大竹、延野、大崎

1

13

木次町

山方、里方、下熊谷、木次

2

14

東日登、新市、寺領、宇谷

2

15

西日登、上熊谷、湯村、平田

2

16

三刀屋町

古城、三刀屋、下熊谷、高窪、伊萱、給下

3

17

乙加宮、殿河内、根波別所、里坊、坂本(坂本森谷を除く)

2

18

多久和、上熊谷、粟谷、神代、須所、六重、中野、坂本(坂本森谷)

2

19

吉田町

吉田、民谷

2

20

曽木、上山、深野、川手

1

21

掛合町

掛合

1

22

多根、松笠

1

23

波多、入間、穴見

1

画像画像

画像画像

画像画像

雲南市農業委員会の農地利用最適化推進委員の選任に関する規則

平成29年1月24日 農業委員会規則第2号

(平成29年7月20日施行)