○SWS西日本株式会社島根工場離職者等支援対策本部要綱

平成29年5月22日

告示第174号

(設置)

第1条 雲南市大東町に所在したSWS西日本株式会社島根工場の閉鎖により離職を余儀なくされる方々等に対する支援策を検討、実施するため、SWS西日本株式会社島根工場離職者等支援対策本部(以下「対策本部」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 対策本部は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 雲南市内を中心とする求人情報の共有に関すること。

(2) 離職者及び離職予定者に対する再就職先の紹介に関すること。

(3) その他必要な支援策に関すること。

(組織)

第3条 対策本部は、別表に掲げる者をもって組織する。

(本部長及び副本部長)

第4条 対策本部に本部長及び副本部長2人を置くものとする。

2 本部長は雲南市長をもって充て、副本部長は雲南公共職業安定所長及び雲南市副市長をもって充てる。

3 本部長は、会務を総理し、対策本部を代表する。

4 副本部長は、本部長を補佐し本部長に事故があるとき、又は欠けたときはその職務を代理する。

(会議)

第5条 対策本部の会議は、本部長が招集し、本部長が会議の議長となる。

2 本部長は、必要があると認めるときは、協議に関係のある者を会議に出席させることができる。

(対策委員会)

第6条 対策本部に、再就職支援対策の進行管理、情報収集等を行うため、離職予定者等支援対策委員会(以下「対策委員会」という。)を置く。

2 対策委員会の委員長(以下「委員長」という。)は、産業観光部長をもって充てる。

3 対策委員会の委員(以下この条において「委員」という。)は、対策本部を構成する団体から本部長が選出する。

4 対策委員会の会議は、委員長が招集し、会議の議長となる。

5 委員長は、議題に応じて招集する委員を定めることができる。

(秘密保持)

第7条 対策本部及び対策委員会の委員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(事務局)

第8条 対策本部及び対策委員会の事務局は、産業観光部商工振興課に置く。

(委任)

第9条 この告示に定めるもののほか、対策本部に関し必要な事項は、本部長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年9月28日告示第380号)

この告示は、平成29年10月1日から施行する。

別表(第3条関係)

団体・所属

役職

雲南市

市長

雲南市

副市長

雲南公共職業安定所

所長

雲南公共職業安定所

雇用指導官

雲南市商工会

会長

島根労働局職業安定課

課長

島根県商工労働部雇用政策課

課長

島根県商工労働部企業立地課

課長

島根県立東部高等技術校産業人材育成スタッフ

上席調整監

島根職業能力開発促進センター

訓練課長

公益財団法人産業雇用安定センター

参与

雲南雇用対策協議会

会長

SWS西日本株式会社島根工場離職者等支援対策本部要綱

平成29年5月22日 告示第174号

(平成29年10月1日施行)