○雲南市社会福祉法人地域協議会要綱

平成30年3月26日

告示第79号

(設置)

第1条 社会福祉法(昭和26年法律第45号)第55条の2第6項の規定に基づき、社会福祉法人が地域公益事業(以下「事業」という。)を行う社会福祉充実計画の作成に当たり、当該事業の内容及び事業区域における需要について、当該事業区域の住民その他の関係者の意見を聴くため、雲南市社会福祉法人地域協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 協議会は、次に掲げる事項について所掌する。

(1) 地域の福祉課題に関すること。

(2) 地域に求められる福祉サービスの内容に関すること。

(3) 社会福祉法人が取り組もうとしている事業に対し意見を述べること。

(4) 関係機関との連携に関すること。

(組織)

第3条 協議会は、別表に掲げる所属機関等に属する者で組織し、市長が委嘱又は任命する。

2 委員の任期は、2年とし再任を妨げない。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第4条 協議会に会長及び副会長1人を置き、委員の中から互選により選任する。

2 会長は、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、又は会長が欠けたときはその職務を代理する。

(会議)

第5条 協議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が必要に応じて招集し、会議の議長となる。

2 会議は、委員の過半数の出席がなければ開くことができない。

(関係者の出席)

第6条 会長は、協議上必要があると認めるときは、協議に関係のある者の出席を求めて意見を聴くことができる。

(守秘義務)

第7条 委員は、協議会又はその事務の遂行において知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また同様とする。

(事務局)

第8条 協議会の事務は、健康福祉部健康福祉総務課において処理する。

(委任)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日以後、最初に委嘱又は任命する委員の任期は、第3条第2項の規定にかかわらず、平成31年3月31日までとする。

(招集の特例)

3 この告示の施行の日以後、最初に開かれる会議は、第5条第1項の規定にかかわらず、健康福祉部長が招集する。

別表(第3条関係)

役職

所属機関等

人数

委員

民生委員・児童委員

12人以内

委員

福祉サービス事業者

委員

雲南市社会福祉協議会

委員

健康福祉部

委員

子ども政策局

雲南市社会福祉法人地域協議会要綱

平成30年3月26日 告示第79号

(平成30年4月1日施行)