○雲仙市社会体育施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月11日

条例第97号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、雲仙市社会体育施設の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市民の健康を増進し、体育及びレクリェーションの普及並びにその振興を図るため、雲仙市社会体育施設(以下「体育施設」という。)を設置する。

2 体育施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

雲仙市国見コミュニティプラザ

雲仙市国見町土黒乙357番地

雲仙市吾妻農村広場

雲仙市吾妻町田之平名200番地3

雲仙市サンスポーツランドあづま

雲仙市吾妻町布江名541番地

雲仙市愛野運動公園

雲仙市愛野町乙1375番地

雲仙市小浜ふれあいの村グラウンド

雲仙市小浜町南木指2786番地

雲仙市立国見中学校屋外運動場夜間照明施設

雲仙市国見町土黒乙370番地

雲仙市立愛野中学校屋外運動場夜間照明施設

雲仙市愛野町乙1674番地

雲仙市立千々石第二小学校屋外運動場夜間照明施設

雲仙市千々石町庚1445番地

雲仙市立千々石中学校屋外運動場夜間照明施設

雲仙市千々石町己305番地

雲仙市立千々石中学校庭球コート夜間照明施設

雲仙市千々石町己305番地

雲仙市立南串第一小学校屋外運動場夜間照明施設

雲仙市南串山町甲2480番地

雲仙市立南串第二小学校屋外運動場夜間照明施設

雲仙市南串山町丙1622番地

雲仙市立南串中学校屋外運動場夜間照明施設

雲仙市南串山町丙9705番地

雲仙市国見体育館

雲仙市国見町土黒乙392番地1

雲仙市瑞穂体育館

雲仙市瑞穂町西郷辛1060番地

雲仙市吾妻体育館

雲仙市吾妻町大木場名170番地1

雲仙市愛野体育館

雲仙市愛野町乙493番地1

雲仙市千々石体育館

雲仙市千々石町己505番地2

雲仙市小浜体育館

雲仙市小浜町南本町7番地

雲仙市国見武道館

雲仙市国見町神代丙269番地1

雲仙市吾妻武道場

雲仙市吾妻町大木場名190番地1

雲仙市愛野武道場

雲仙市愛野町乙526番地1

雲仙市瑞穂弓道場

雲仙市瑞穂町西郷辛1060番地

雲仙市小浜弓道場

雲仙市小浜町北木指680番地2

雲仙市千々石相撲場

雲仙市千々石町己293番地2外

3 前項の体育施設には、その附属施設を含むものとする。

(管理)

第3条 雲仙市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、体育施設を常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

(利用許可)

第4条 体育施設を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(利用許可の制限)

第5条 利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、その利用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 建物又は附属施設を損傷又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(4) 特定の政治目的を有するとき、又は特定の政党の利害に関すると認めるとき。

(5) 特定の宗教を支持するとき、又は特定の教派教団を支持すると認めるとき。

(6) その他利用させることが不適当と認められるとき。

(使用料)

第6条 利用者は、別表に定める使用料を利用許可の際に納入しなければならない。

(使用料の還付)

第7条 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 災害その他利用者の責めに帰することができない理由により利用ができなくなったとき。

(2) 公益上その他やむを得ない理由により利用の許可を取り消し、又は利用の中止を命じたとき。

(3) 利用の許可を受けた者から、規則で定める日までに、利用取消しの申出があったとき。

(使用料の減免)

第8条 教育委員会は、特に必要があると認めるときは、教育委員会規則の定めるところにより使用料を減額又は免除することができる。

(遵守事項)

第9条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 体育施設を許可された目的以外の用途に利用し、又はその利用する地位を譲渡若しくは転貸しないこと。

(2) 許可を受けた場合を除き、体育施設を利用するための特別の設備を施し、又は造作を加えないこと。

(3) 体育施設の秩序を乱さないこと。

(4) その他教育委員会の指示する事項

(損害賠償等)

第10条 利用者は、体育施設を損傷し、又は滅失したときは、原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(利用の許可の取消し又は利用の中止)

第11条 教育委員会は、利用者がこの条例又はこの条例に基づく教育委員会規則の規定に違反すると認めたときは、利用許可を取り消し、又は利用を中止させることができる。

2 教育委員会は、前項の規定により利用者に損害が生じたときは、その責めを負わない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(罰則)

第13条 詐欺その他の不正行為によって、使用料の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えない場合は、5万円とする。)以下の過料に処する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月11日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(次項において「施行日」という。)の前日までに、合併前の国見町体育施設の設置及び管理に関する条例(昭和63年国見町条例第1号)、国見町立小、中学校体育施設の管理使用に関する条例(昭和55年国見町条例第19号)、瑞穂町民体育館の設置及び管理運営に関する条例(平成16年瑞穂町条例第6号)、吾妻町体育施設の設置及び管理に関する条例(平成12年吾妻町条例第16号)、吾妻町立学校施設等の使用料に関する条例(平成12年吾妻町条例第17号)、愛野町町民武道場の設置及び管理に関する条例(昭和58年愛野町条例第8号)、愛野町運動公園の設置及び管理等に関する条例(平成9年愛野町条例第7号)、愛野町立学校照明施設設置並びに管理に関する条例(昭和57年愛野町条例第19号)、千々石町体育施設設置条例(昭和55年千々石町条例第4号)、千々石町体育施設の管理使用に関する条例(昭和55年千々石町条例第5号)、小浜町弓道場の設置及び管理等に関する条例(平成3年小浜町条例第21号)、小浜町体育館条例(昭和40年小浜町条例第19号)又は南串山町立小中学校体育施設の管理及び使用料に関する条例(平成16年南串山町条例第9号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

(適用区分)

4 第6条の規定は、平成18年4月1日以降の利用に係る使用料から適用し、同日前の利用に係る使用料については、なお合併前の条例等の例による。

附 則(平成19年3月28日条例第15号)

この条例は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成21年3月18日条例第8号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月18日条例第13号)

この条例は、平成22年10月1日から施行する。

附 則(平成25年12月27日条例第33号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の関係条例の規定は、この条例の施行の日以後に利用又は使用の取消しの申出があったものについて適用する。

附 則(平成31年3月26日条例第10号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

 

種目

使用料

照明使用料

備考

屋外施設

野球①

300円/時間

2,000円/時間

愛野運動公園グラウンド野球場

野球②

300円/時間

700円/時間

上記以外

ソフトボール

300円/時間

700円/時間

 

サッカー・ラグビー

300円/時間

700円/時間

 

テニス(人工芝)

300円/時間

400円/時間

 

テニス(クレー)

200円/時間

200円/時間

千々石中学校庭球コート

ゲートボール

200円/時間

―円/時間

 

弓道

100円/時間

100円/時間

 

相撲

100円/時間

100円/時間

 

全面

500円/時間

利用形態により徴収する

 

屋内施設

全面

400円/時間

全面の照明のとき(バレー2面以上の広さ) 400円/時間

半面の照明のとき(バレー1面分の広さ) 200円/時間

1/4面の照明のとき 100円/時間

※吾妻体育館全灯照明は各料金の3倍

※バレー2面以上の広さを使用

半面

200円/時間

※バレー1面分の広さを使用

バレーボール

300円/時間

 

バスケットボール

300円/時間

 

バドミントン、ソフトバレー

200円/時間

 

卓球

100円/時間

 

フットサル

300円/時間

※バレー1面分の広さを使用

剣道

100円/時間

 

柔道

100円/時間

 

空手

100円/時間

 

ランニング(吾妻体育館)

100円/2時間

 

1,000円/11枚綴り一冊

※吾妻体育館のみ

トレーニング(吾妻体育館)

200円/2時間

※吾妻体育館のみで利用は高校生以上

2,000円/11枚綴り一冊

その他

放送設備

500円/一式

 

 

持込電源

100円/台

 

 

会議室

100円/時間

100円/時間

(空調)

 

ステージ照明

200円/時間

 

 

芝生広場(占有)

500円/時間

 

 

備考

1 各競技に利用する場合の使用料及び照明使用料は、それぞれ1面ごとの料金とする。

2 全面・半面はグラウンド、フロアーのみ利用、競技に利用する場合の使用料は器具・備品を含む。

3 上記以外の種目に利用する場合の使用料及び照明使用料については、類似競技の料金とする。

4 学校開放体育施設を利用する場合も上記表と同様とする。

5 入場料を徴する場合は5倍の料金(使用料・照明使用料等)を徴収する。

6 市内在住者以外の者が利用するときの使用料は、別表の使用料(前項により算定される使用料にあってはその額)の倍額とする。ただし、照明使用料については、この限りでない。

雲仙市社会体育施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月11日 条例第97号

(平成31年4月1日施行)