○魚津市条例の用語等の統一に関する措置条例

平成9年3月19日

条例第3号

魚津市条例の用語等の統一に関する措置条例

(趣旨)

第1条 この条例は、この条例施行の際、現に存する魚津市条例(以下「条例」という。)の用語、用字、送り仮名等(以下「用語等」という。)の統一を図ることを目的とする。

(用語等の統一の基準)

第2条 条例に用いられている用語等は、別表左欄に掲げる語句(動詞その他活用する語句にあっては活用形を含む。)を、それぞれ当該右欄に掲げる語句に改める。

2 条例に用いられている拗音等の表記は、法令における拗音及び促音に用いる「や・ゆ・よ・つ」の表記について(昭和63年内閣法制局総発第125号)に基づき、その内容を変えることなく小書きとする。

(見出しの整備)

第3条 条例中見出しが付されていない条(共通見出しにより付されていない条を除く。)に見出しを付する。

(法令及び例規の引用)

第4条 条例の条文中、引用した法令等については、その表示を「平成 年法律第 号」等と統一するものとする。

2 条例の条文中、引用した条例、規則等については、「平成 年魚津市条例第 号」等と統一するものとする。

(別表等の統一)

第5条 条例中の別表及び様式において、関係条名のないものについては、関係条名を付するものとする。

2 条例中の様式において、元号が付されているものについては、その内容を変えることなく削る。

(表記の統一)

第6条 第2条から前条までに規定するもののほか、条例中の表記は、その内容を変えることなく、統一するものとする。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、用語等の統一について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

別表

1 平仮名を漢字に書き直すもの

あたる

当たる

あらたに

新たに

えない(えて)

得ない(得て)

おく

置く

および

及び

かかげる

掲げる

かかる

係る

こえて(こえる)

超えて(超える)

さらに

更に

しめす

示す

すでに

既に

すみやかに

速やかに

そなえて

備えて

ただちに

直ちに

つぎの

次の

つど

都度

ならびに

並びに

のべる

述べる

はかる

図る

または

又は

みずから

自ら

もしくは

若しくは

もとづく

基づく

もの(人の場合)

…とよび

…と呼び

2 漢字を平仮名に書き直すもの

予め

あらかじめ

於いて

おいて

毎に

ごとに

之等(之を)

これら(これを)

但し

ただし

通り

とおり

外・他

ほか

(「ほか」と読む場合)


また

(「又は」のときは直さない)


見なす

みなす

止むを

やむを

因り

より

3 送り仮名を直すもの

当り(当る)

当たり(当たる)

行なう(行ない)

行う(行い)

終る(終り)

終わる(終わり)

終った

終わった

責に

責めに

ただし書き

ただし書

手続きを

手続を

伴ない

伴い

基く(基き)

基づく(基づき)

読替える

読み替える

4 書き替えをするもの

○箇年(○ケ年)

○か年

寄付

寄附

○才

○歳

才出(才入)

歳出(歳入)

車輌

車両

年令

年齢

附する(附し)

付する(付し)

付属(付帯)

附属(附帯)

魚津市条例の用語等の統一に関する措置条例

平成9年3月19日 条例第3号

(平成9年4月1日施行)