○魚津市在宅高齢者等住宅改善資金貸付条例施行規則

平成7年9月18日

規則第26号

魚津市在宅高齢者等住宅改善資金貸付条例施行規則

魚津市老人居室整備資金の貸付けに関する条例施行規則(昭和50年魚津市規則第7号)の全部を改正する。

(貸付けの申請)

第2条 条例第6条の規定による申請にあたっては、魚津市在宅高齢者等住宅改善資金貸付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 貸付申請者及び連帯保証人の収入並びに資産を証明する書類

(2) 工事の見積書及び設計図

(3) その他市長が必要と認める書類

(貸付けの決定通知)

第3条 条例第7条の規定による通知は、魚津市在宅高齢者等住宅改善資金貸付承認(不承認)決定通知書(様式第2号)によるものとする。

(工事の完了)

第4条 前条の規定により資金の貸付決定通知を受けた者は、当該通知を受けた日から起算して3か月以内に工事が完了するように努めなければならない。

(工事の届出)

第5条 条例第8条の規定による届出は、魚津市在宅高齢者等住宅改善工事着手、完了届(様式第3号)によるものとする。

(借用書の提出)

第6条 資金の貸付決定通知を受けた者は、工事完了検査後、魚津市在宅高齢者等住宅改善資金借用書(様式第4号)に借受人及び連帯保証人の印鑑登録証明書を添えて市長に提出しなければならない。

(届出の義務)

第7条 資金の貸付けを受けた者が、魚津市在宅高齢者等改善資金貸付申請書及び魚津市在宅高齢者等住宅改善資金借用書の内容に変更を生じたときは、その旨を直ちに市長に届け出なければならない。

(帳簿の備付け)

第8条 市長は貸付けた資金の経理を明らかにするため、次の帳簿を備付けるものとする。

(1) 魚津市在宅高齢者等住宅改善資金貸付申込処理簿(様式第5号)

(2) 魚津市在宅高齢者等住宅改善資金貸付台帳(様式第6号)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

魚津市在宅高齢者等住宅改善資金貸付条例施行規則

平成7年9月18日 規則第26号

(平成7年9月18日施行)