○魚津市立保育所延長保育事業実施規則

平成23年3月29日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は、魚津市立保育所条例(昭和62年魚津市条例第4号)第5条第1項ただし書の規定に基づき実施する延長保育事業(以下「延長保育」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第1条の2 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 保育標準時間児童 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)第20条第3項の規定による保育必要量の認定のうち、子ども・子育て支援法施行規則(平成26年内閣府令第44号。次号において「府令」という。)第4条第1項に規定する1月当たり平均275時間まで(1日当たり11時間までに限る。)の保育必要量の認定を受けた児童をいう。

(2) 保育短時間児童 法第20条第3項の規定による保育必要量の認定のうち、府令第4条第1項に規定する1月当たり平均200時間まで(1日当たり8時間までに限る。)の保育必要量の認定を受けた児童をいう。

(実施施設及び保育時間等)

第2条 延長保育を実施する保育所(以下「延長保育園」という。)、延長区分及び延長保育時間は、別表第1のとおりとする。ただし、延長保育園の休所日(魚津市立保育所条例第5条第2項の休日をいう。)は、延長保育を実施しない。

(対象児童)

第3条 延長保育の対象となる児童は、延長保育園に入所している児童であって、次の各号のいずれかの要件に該当し、法第20条第3項の保育必要量の範囲を超えて保育を受ける必要があるものとする。

(1) 保護者の就労形態、勤務時間等やむを得ない事情により、延長保育を常態として必要としている児童

(2) 保護者の急な残業その他のやむを得ない事由により、延長保育が必要であると認められる児童

(申請)

第4条 延長保育を利用しようとする児童の保護者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ延長保育申請書(様式第1号)により魚津市社会福祉事務所長(以下「所長」という。)に申請しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、所長がやむを得ない事由があると認めたときは、申請者は口頭で延長保育の申請をすることができる。この場合において、申請者は、事後速やかに前項の申請書を所長に提出しなければならない。

(調査、決定等)

第5条 所長は、前条第1項の申請書の提出があったときは、速やかに必要な調査をし、延長保育の要否の決定を行うものとする。

(通知)

第6条 所長は、前条の規定により延長保育の要否の決定を行ったときは、延長保育承認通知書(様式第2号)又は延長保育不承認通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(停止)

第7条 所長は、次の各号のいずれかに該当するときは、延長保育を停止するものとする。

(1) 児童の保護者から延長保育停止届(様式第4号)の提出があったとき。

(2) 延長保育の承認を受けた児童が、第3条に規定する要件に該当しなくなったとき。

(3) 虚偽の申請その他不正な手続により決定を受けたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、やむを得ない事由により当該児童の延長保育を継続することが困難なとき。

(保育料の徴収等)

第8条 市長は、第6条の規定により延長保育の承認を受けた児童の保護者から、延長保育を利用した月ごとに延長保育に係る保育料(以下「保育料」という。)を徴収する。

2 保育料は、次の各号に掲げる区分に応じ、延長保育を利用した児童1人につき当該各号に定めるとおり算定するものとする。

(1) 保育標準時間児童 別表第2に掲げる延長区分(別表第1に掲げる延長区分のことをいう。以下同じ。)の日額に、月ごとに延長保育を利用した日数を乗じて得た額とする。ただし、この額が別表第2に掲げる上限額を超えるときは、上限額を限度とする。

(2) 保育短時間児童 別表第2に掲げる延長区分ごとの日額に、月ごとに延長保育を利用した当該延長区分ごとの日数をそれぞれ乗じて得た額の合計とする。ただし、当該延長区分ごとに算定した保育料が別表第2に掲げる上限額を超えるときは、それぞれ上限額を限度とする。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、延長保育に関し必要な事項は、所長が別に定める。

附 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月25日規則第19号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第20号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の様式による用紙で現に残存するものは、当分の間所要の調整をして使用することができる。

附 則(令和元年12月19日規則第25号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月22日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際、旧様式による用紙で現に残存するものは、当分の間所要の調整をして使用することができる。

別表第1(第2条関係)

延長保育園

延長区分

延長保育時間

魚津市立道下保育園

午前

開所時から午前8時30分まで

午後1種

午後4時30分から午後6時まで

午後2種

午後6時から午後7時まで

魚津市立青島保育園

午前

開所時から午前8時30分まで

午後1種

午後4時30分から午後6時まで

午後2種

午後6時から午後7時まで

魚津市立経田保育園

午前

開所時から午前8時30分まで

午後1種

午後4時30分から午後6時まで

魚津市立片貝保育園

午前

開所時から午前8時30分から

午後1種

午後4時30分から午後6時まで

魚津市立松倉保育園

午前

開所時から午前8時30分まで

午後1種

午後4時30分から午後6時まで

魚津市立野方保育園

午前

開所時から午前8時30分まで

午後1種

午後4時30分から午後6時まで

別表第2(第8条関係)

児童の区分

延長区分

金額(円)

日額

上限額

保育標準時間児童

午後2種

200

2,500

保育短時間児童

午前

100

1,300

午後1種

100

1,300

午後2種

200

2,500

画像

画像

画像

画像

魚津市立保育所延長保育事業実施規則

平成23年3月29日 規則第9号

(令和3年4月1日施行)