○魚津市ディスポーザー排水処理システム設置規程

令和2年3月3日

上下水道事業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、魚津市下水道条例(平成7年魚津市条例第13号)及び魚津市農村下水道条例(平成5年魚津市条例第25号)に定めるもののほか、ディスポーザー排水処理システムの設置基準及び維持管理に関し、必要な事項を定めることとする。

(用語の定義)

第2条 この規程において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 生物処理タイプ 排水処理システムのうち、ディスポーザー排水と台所排水を専用排水管で処理槽へ導き、生物処理した処理水を公共下水道へ排出するタイプをいう。

(2) 機械処理タイプ 排水処理システムのうち、ディスポーザー排水と台所排水を機械的な装置によって固液分離し、処理水のみを公共下水道へ排出するタイプをいう。

(3) 設置者 魚津市下水道排水設備指定工事店の専属責任技術者をいう。

(4) 使用者 排水処理システムを使用して下水を排除し維持管理に関して最終的に責任を負う者をいう。

(5) 維持管理業者 排水処理システムの維持管理を行う専門の者をいう。

(1) 生ごみ破砕物回収用のふるい目が3.35ミリメートル以下で、その通過率が80パーセント以上の機種であること。

(2) 電気用品安全法(昭和36年法律第234号)に適合したディスポーザーで、PL保険に加入の機種であること。

(生物処理タイプ使用者の責務)

第4条 生物処理タイプの設置を申請する者は、魚津市下水道条例施行規程第8条第1項及び魚津市農村下水道条例施行規程第4条第1項に規定するディスポーザー排水処理システム等計画確認申請書に定める添付書類のほか、次に掲げる書類を提出しなければならない。

(1) 維持管理業務委託契約書の写し。ただし、申請時に使用者が確定しない場合は、維持管理業務委託契約等確約書(別記様式)

(2) 維持管理計画書(維持管理体制)

(3) 次の保守点検項目を記載した書類

 破砕装置部の点検整備

 配管系統部の点検、清掃

 排水処理部の定期点検、水質検査(BOD、SS、n―Hex)及び汚泥引抜

2 生物処理タイプの使用者は、配管系統部及び排水処理槽部について、1年に1回以上、維持管理業者の保守点検を受けなければならない。

3 生物処理タイプの使用者は、第1項第1号の契約書等に定める事項に基づき、適正な維持管理の実施、改善等に努めなければならない。

4 生物処理タイプの使用者は、上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)が必要と認めた場合は第1項第3号に規定する書類を提出しなければならない。

(機械処理タイプ使用者の責務)

第5条 機械処理タイプの使用者は、1年に1回以上、維持管理業者の保守点検を受けなければならない。

(設置者に対する指導)

第6条 管理者は、設置者から使用者に対し、次の事項について指導を行わせることができる。

(1) 生物処理タイプの設置に当たり、維持管理業者と業務委託契約による適切な維持管理を行わせること。

(2) 管理者が行う維持管理に関する指導に協力すること。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行前にディスポーザー排水処理システム設置要綱(平成19年魚津市告示第42号)の規定によりなされた申請又は承認は、この規程の当該規定によりなされたものとみなす。

画像

魚津市ディスポーザー排水処理システム設置規程

令和2年3月3日 上下水道事業管理規程第1号

(令和2年3月3日施行)