○公立大学法人大阪大阪府立大学研究推進機構放射線障害予防委員会規程

平成31年4月1日

規程第263号

(趣旨)

第1条 この規程は、公立大学法人大阪大阪府立大学研究推進機構放射線障害予防規程第3条第4項の規定に基づき、公立大学法人大阪大阪府立大学研究推進機構放射線障害予防委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定める。

(組織)

第2条 委員会は、次に掲げる者で組織する。

(1) 放射線取扱主任者(以下「主任者」という。)及び主任者の代理者(以下「代理者」という。)

(2) 放射線管理部長(以下「放管部長」という。)

(3) 放射線研究センター各研究室 各1名

(4) 研究推進課 1名

2 主任者、代理者及び放管部長は、在籍研究室の委員を兼ねることができる。

(任期)

第3条 前条第1項第3号及び第4号に掲げる委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 前項の委員の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長)

第4条 委員会に委員長を置き、委員の互選により選出する。

2 委員長は、会務を総理する。

3 委員長の不在のときは、管理部長がその職務を代理する。

(会議の招集等)

第5条 委員会の会議は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 委員長は、必要があると認める場合又は委員の3分の1以上の要求がある場合には、委員会を招集しなければならない。

3 委員長は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

4 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決する。

(委員以外の者の出席)

第6条 委員長は必要があると認めたときは、委員会の議を経て、委員以外の者を会議に出席させ、意見を述べさせることができる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、研究推進課において行う。

(委任)

第8条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会が定める。

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

(令和元年8月28日規程第633号)

この規程は、令和元年9月1日から施行する。

公立大学法人大阪大阪府立大学研究推進機構放射線障害予防委員会規程

平成31年4月1日 規程第263号

(令和元年9月1日施行)

体系情報
第8章 暫定規程/ 大阪府立大学/第3節 大学運営委員会
沿革情報
平成31年4月1日 規程第263号
令和元年8月28日 規程第633号