○大阪公立大学「有恒会奨学金」規程

令和4年3月31日

規程第71号

(目的)

第1条 この奨学金は、寄附者である財団法人有恒会の意向を尊重し、大阪公立大学(以下「本学」という。)文学部、法学部、経済学部及び商学部に在籍する学生のうち、学業成績優秀で、かつ経済的理由のために修学が困難な者に対して奨学援助を行い、将来社会に貢献し得る有用な人材を育成することを目的とする。

(奨学生の資格)

第2条 奨学金の給付を受ける者(以下「奨学生」という。)は、次の各号に該当する者でなければならない。

(1) 本学文学部、法学部、経済学部若しくは商学部の2年次の者

又は前年度に本奨学金を受給していた4年次若しくは3年次である者。ただし、外国人留学生を除く。

(2) 学業成績優秀である者

(3) 経済的理由のために修学が困難な者

(4) 他の奨学金の給付を受けていない者

(給付額)

第3条 奨学金の給付の額は、1人につき月額10,000円(年額120,000円)とする。

(給付期間)

第4条 奨学金の給付を受ける期間は、標準修業年限期間とする。

(給付方法)

第5条 奨学金は、年額を一括給付する。

(申請)

第6条 奨学金の給付を受けようとする者は、有恒会奨学金申請書の他、本学が指定する書類を大阪公立大学長(以下「学長」という。)に提出しなければならない。

(奨学生の決定)

第7条 学長は、前条の規定による申請があったときは、第2条に規定する申請資格を有することが確認し、別に定める基準による選考を経て採用者を決定する。

2 奨学生の決定通知を受けた者は、誓約書等を学長あて速やかに提出しなければならない。

(奨学生の報告義務)

第8条 奨学生は、申請書又は誓約書の記載事項に変更が生じたときは、遅延なく学長に届け出なければならない。

(給付の中止)

第9条 奨学生が次の各号の一に該当するときは、奨学金の給付を中止することがある。

(1) 第2条に規定する資格を失ったとき。

(2) 大阪公立大学学則上の懲戒処分を受けたとき。

(3) 休学、退学又は長期にわたって欠席しようとするとき。

(4) その他奨学生として適切でないと認められる事由が生じたとき。

(奨学金の返還)

第10条 奨学金は、返還を要しない。ただし、奨学生が前条の規定により奨学金の給付を中止されたときは、その一部又は全部を返還させることがある。

(事務)

第11条 この奨学金に関する事務は、事務局学務部学生課において行う。

(施行の細目)

第12条 この規程の施行について必要な事項は、別に定める。

1 この規程は、令和4年4月1日から施行する。

2 公立大学法人大阪定款(令和4年4月1日施行)附則第2項の規定により存続する大阪市立大学(以下本項において「市大」という。)の商学部、経済学部、法学部及び文学部に在学する学生については、本規程を適用する。この場合において、規程第2条第1号中「本学文学部、法学部、経済学部若しくは商学部」とあるのは「本学文学部、法学部、経済学部若しくは商学部又は市大商学部、経済学部、法学部若しくは文学部」と、規程第6条、第7条及び第8条中「大阪公立大学長」とあるのは「大阪公立大学長又は大阪市立大学長」と、規程第9条第2号中「大阪公立大学学則上」とあるのは「大阪公立大学学則又は市大学則上」とする。

大阪公立大学「有恒会奨学金」規程

令和4年3月31日 規程第71号

(令和4年4月1日施行)