○うるま市立学校施設等使用料に関する条例

平成17年4月1日

条例第68号

(趣旨)

第1条 この条例は、法令又は条例に特別の定めのあるものを除くほか、地方自治法(昭和22年法律第67号)第228条第1項の規定に基づき学校施設等の使用料に関し、必要な事項を定めるものとする。

(使用許可)

第2条 学校施設等を使用するものは、あらかじめうるま市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。

(使用料)

第3条 教育委員会は、学校施設等を使用するものから別表に掲げる使用の区分に応じ、それぞれ当該別表に定める金額の使用料を徴収する。

2 前項の使用料は、原則として前納とする。

(使用料の減免)

第4条 教育委員会は、前条の規定にかかわらず、教育上必要があると認めた場合は、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第5条 既納の使用料は、還付しない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めた場合は、その使用料の全部又は一部を還付することができる。

(原状回復)

第6条 使用者は、学校施設等の使用を終えた場合は、学校教育活動に支障をきたさないため、直ちに原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第7条 使用者の責めに帰すべき事由によって、施設及び施設器具をき損した場合は、使用者において損害を賠償しなければならない。

2 前項の損害賠償額は、教育委員会が決定する。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(過料)

第9条 詐欺その他不正の行為により、この条例に定める使用料の徴収を免れた者に対し、徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科することができる。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の具志川市立学校施設等使用料に関する条例(昭和55年具志川市条例第46号)又は石川市立教育施設使用料条例(昭和60年石川市条例第17号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この条例の施行の日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

別表(第3条関係)

学校施設使用料

区分

使用料

施設

使用者

9:00~12:00

13:00~17:00

9:00~17:00

17:00~22:00

備考

校舎

団体

400円

400円

800円

1,000円

一室につき

個人

500円

500円

1,000円

1,500円

一室につき

体育館

団体

1,000円

1,000円

2,000円

4,000円

 

個人

2,000円

2,000円

4,000円

6,000円

 

運動場

団体

500円

500円

1,000円

1,000円

 

個人

700円

700円

1,400円

1,500円

 

照明使用1時間につき

使用基数

1基

2基

3基

4基

5基

6基

使用料金

150円

300円

450円

600円

750円

900円

水泳プール

区分

使用者

2時間につき

備考

水泳大会

団体

1,000円

 

個人

3,000円

 

練習

団体

30円

1人につき

児童・生徒・学生

20円

うるま市立学校施設等使用料に関する条例

平成17年4月1日 条例第68号

(平成17年4月1日施行)