○うるま市ハブ対策条例施行規則

平成17年4月1日

規則第107号

(趣旨)

第1条 この規則は、うるま市ハブ対策条例(平成17年うるま市条例第102号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(様式)

第2条 次の表の左欄の規定による中欄の事項に関する文書は、それぞれ同表右欄の様式によるものとする。

左欄

中欄

右欄

条例第7条

ハブ飼育等許可申請書

様式第1号

ハブ飼育等許可証

様式第2号

条例第8条第3項

事故発生報告書

様式第3号

条例第9条

ハブ咬症治療費支給申請書

様式第4号

条例第10条

補修材料補助申請書

様式第5号

条例第14条第2項

身分証明書

様式第6号

(ハブ飼育施設等への規制)

第3条 条例第7条の飼育施設や装置等は、次に該当するものでなければならない。

(1) 飼育施設や装置等は、ハブが逃げないように万全なる対策を講ずるものとし、網を使用する部分については網目3ミリメートル以下とし、かつ、二重構造とすること。

(2) ハブを飼育する施設や装置等には、咬傷事故防止のため、その旨であることを表示すること。

(3) 飼育施設には関係人以外が立ち入りできないよう、立入禁止の表示をするとともに鍵を設置すること。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の具志川市ハブ対策条例施行規則(昭和60年具志川市規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

うるま市ハブ対策条例施行規則

平成17年4月1日 規則第107号

(平成17年4月1日施行)