○うるま市霊園条例

平成17年4月1日

条例第104号

(趣旨)

第1条 この条例は、うるま市霊園(以下「霊園」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置位置及び名称)

第2条 納骨及びこれに伴う墳墓の建設、その他祭しの施設として霊園を設置する。

2 霊園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 うるま市霊園

位置 うるま市石川伊波戸留目山原地内

(利用目的)

第3条 霊園は、前条第1項に定める目的以外の用途に利用することができない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、碑石形像類の建設のため利用させることができる。

(利用許可)

第4条 霊園を利用しようとする者は、市長に申請しその許可を受けなければならない。

2 許可は、その使用地を指定して行い、申請者1人につき1区画とする。

(利用者の資格)

第5条 霊園を利用しようとする者は、次の各号に該当する者でなければならない。

(1) 本市に住所を有すること。

(2) 世帯主であること。

(3) 墳墓の祭しを主宰するものであること。

(利用地の設備)

第6条 霊園の利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、使用地の区画を明らかにするため囲いを設けるほか、市長が定める基準に適合した設備を行わなければならない。

(維持管理上の措置命令)

第7条 霊園の維持管理上必要があると認めるときは、市長は、利用者に対し適切な措置を命ずることができる。

2 利用者が前項の規定により命じられた措置を行わないときは、市長がこれを行い、その経費を使用者から徴収する。

(使用料)

第8条 霊園の永代使用料(以下「使用料」という。)は、使用地1平方メートルにつき1万5,000円とし、許可の際に徴収する。

2 前項の規定にかかわらず、永代使用料を分割徴収することができる。ただし、永代使用権は、使用料を全額納入した後に与えるものとする。

(使用料の不還付)

第9条 既納の使用料は、還付しない。ただし、利用者が使用許可を受けた日から5年以内にその場所の全部を原状に復して返還したときは、既納の使用料の半額を還付する。

(利用権の承継)

第10条 霊園を利用する権利(以下「利用権」という。)は、相続人、親族等で祖先の祭しをつかさどる者に限り、これを承継することができる。

(利用権の返還)

第11条 利用地が不要になったときは、利用者はこれを原状に復して返還しなければならない。

(利用地の変更又は返還命令)

第12条 市長は、霊園の管理又は事業執行上必要があると認めるときは、利用地の変更又は返還若しくは所在物件の移転を命ずることができる。

2 市長は、前項の場合は換地及び移転費用を補償する。

(利用許可の取消し)

第13条 利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、市長は、霊園の利用許可を取り消すことができる。

(1) 許可を受けた目的以外に利用したとき。

(2) 利用権を譲渡し、又は利用地を転貸したとき。

(3) 利用の許可を受けた日から5年を経過しても使用しないとき。

(4) この条例又はこれに基づいて定める規則に違反したとき。

2 前項の規定により利用許可を取り消されたときは、直ちに利用地を原状に復し、市長に返還しなければならない。

3 利用者が前項の措置を行わないときは、市長がこれを行い、経費は利用者から徴収する。

(利用権の消滅)

第14条 利用者が死亡し、相続人、親族等で祖先の祭しをつかさどる者から10年以内に当該利用地の継続利用の申請がないとき。

(利用権消滅後の措置)

第15条 前条の規定による利用権の消滅後10年を経過したときは、市長は、墳墓その他の物件を一定の場所に改葬し、又は移転することができる。

2 市長は、前項の改葬又は移転をしようとするときは、その2箇月前までにその旨を告示しなければならない。

3 第1項の規定による改葬又は移転後10年を経過したときは、市長は、無縁として処置することができる。

(公募等)

第16条 市長は、霊園内の墓地を利用させようとするときは、その場所、墓地の数、利用申請の期間その他規則で定める事項を公示して霊園を利用しようとする者を募集する。ただし、公共事業等の施行に伴い墳墓の移転を要する者に利用させる必要があるときは、この限りでない。

(選考の方法)

第17条 市長は、公募の結果、霊園の使用申請者の数が利用させることができる墓地の数を超えるときは、抽せんにより利用させる者を決定する。

(霊園の一時利用)

第18条 利用者がその使用に伴う工事その他必要により霊園を一時利用するときは、市長の許可を受けなければならない。

(許可証の再交付)

第19条 霊園の利用許可証を汚損又は滅失したときは、許可証の再交付を受けることができる。

(禁止行為)

第20条 霊園において次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 霊園を損傷し、又は汚損すること。

(2) 樹木を伐採し、又は植物を採集すること。

(3) 土地の形質を変更すること。

(4) はり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。

(5) その他霊園の管理に支障を来す行為をすること。

(委任)

第21条 この条例の施行に必要な事項は、規則で定める。

(過料)

第22条 次の各号のいずれかに該当する者に対しては、1万円以下の過料を科することができる。

(1) 第4条又は第18条の許可を受けないで霊園を使用した者

(2) 前条の規定に違反した者

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の石川市霊園条例(昭和56年石川市条例第36号。以下「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この条例の施行の日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

うるま市霊園条例

平成17年4月1日 条例第104号

(平成17年4月1日施行)