○うるま市霊園条例施行規則

平成17年4月1日

規則第110号

(趣旨)

第1条 この規則は、うるま市霊園条例(平成17年うるま市条例第104号。以下「条例」という。)第21条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(利用許可の申請)

第2条 霊園を利用しようとする者は、霊園墓地利用許可申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 住民票の写し

(2) その他市長が必要と認める書類

2 碑石形像類を建設するため霊園を利用しようとする者は、前項のほか、次に掲げる書類を提出しなければならない。

(1) 趣意書

(2) 図面及び計画書

(許可証の交付)

第3条 市長は、霊園の墓地の利用を許可したときには、霊園墓地利用許可証(様式第2号)を交付する。

(利用地の設備基準)

第4条 墳墓その他の設備は、次の基準にしたがって設置しなければならない。

(1) 墳墓及びこれに類する設備の高さは地面から3メートル以内とし、かこいの高さは地面から1メートル以内とする。

(2) 植木は、灌木類とし、その高さは、地面から2メートル以内とする。

(墳墓の工事手続)

第5条 利用者は、墳墓及びこれに類する設備を新設しようとするときは、墳墓工事承認申請書(様式第3号)にその計画図及び工事場所を明示した関係書類を添えて市長に提出し、承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の承認を与える場合において管理上必要と認めるときは、墳墓の正面位置について指示することができる。

3 利用者は、墳墓の工事を着手し、又は完了したときは、墓地工事(着手完了)(様式第4号)により市長に届け出なければならない。

(利用者の責務)

第6条 利用者は、墳墓を清掃し、墓地内の施設及び植木等が倒壊又は破損したとき、若しくはそのおそれがあるときは、速やかに修理その他必要な措置を講じなければならない。

(納骨等の手続)

第7条 利用者が納骨又は改葬しようとするときは、霊園墓地利用許可証に埋葬若しくは火葬許可証又は改葬許可証を添えて市長に届けなければならない。

(利用権承継の申請)

第8条 条例第10条の規定により利用権を承継しようとする者は、霊園墓地利用権承継許可申請書(様式第5号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 霊園墓地利用許可証

(2) 戸籍謄本及び住民票の写し

(3) その他市長が承継原因を証明するに必要と認める書類

2 市長は、前項の申請に基づき、霊園墓地利用権承継許可証(様式第6号)を交付する。

(利用墓地等の返還手続)

第9条 利用墓地等を返還しようとする者は、霊園墓地返還届(様式第7号)に霊園墓地使用許可証を添えて市長に届けなければならない。

(使用料の還付)

第10条 条例第9条の規定により使用料の還付を申請しようとする者は、墓地使用料還付申請書(様式第8号)により市長に申請しなければならない。

(使用料の分割納入)

第11条 条例第8条第2項の規定による分割支払は、会計年度内に2回に分けて納入することができる。

(一時利用の申請)

第12条 条例第18条の規定により霊園内の土地を一時使用しようとするときは、霊園土地の一時利用許可証交付申請書(様式第9号)を市長に提出しなければならない。

(許可証の再交付申請)

第13条 条例第19条の規定により霊園墓地利用許可証の再交付を受けようとする者は、霊園墓地利用許可再交付申請書(様式第10号)を市長に提出しなければならない。ただし、き損による場合は、き損した許可証を当該申請書に添えなければならない。

(許可証の記載事項更正)

第14条 利用者が本籍、住所又は氏名等を変更若しくは訂正したため、利用許可証の記載事項に更正の必要が生じた場合は、霊園墓地利用許可証記載事項変更届(様式第11号)に霊園墓地利用許可証及びその変更等を証明する書類を添えて市長に提出しなければならない。

(墓地利用台帳)

第15条 墓地の利用については、すべてこれを墓地利用台帳(様式第12号)に記録整理しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の石川市霊園条例施行規則(昭和56年石川市規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

うるま市霊園条例施行規則

平成17年4月1日 規則第110号

(平成17年4月1日施行)