○うるま市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例施行規則

平成17年4月1日

規則第112号

(放置となる相当な期間)

第2条 条例第2条第2号の規則で定める期間は、14日間とする。ただし、これにより難い場合は、市長が別に定める期間とする。

(廃棄物の認定)

第3条 条例第7条第1項の規定による廃棄物の認定は、次に掲げる事項を総合的に勘案して判断するものとする。

(1) 投棄の意志

(2) 主要機能の状況

(3) 附属機能の状況

第4条 条例第7条第2項の規則で定める事項は、次のとおりとする。

(1) 自動車の種別

(2) 自動車の色

(3) 車名

(4) 放置された場所

(放置自動車認定委員会)

第5条 条例第7条に規定する放置自動車認定委員会(以下「委員会」という。)は、次の機関の職員をもって構成する。

(1) 市民部環境課及び関係各課等

(2) 警察署

(3) 住民代表

(4) その他市長が必要と認める関係機関の者

2 委員長は、市民部長をもって充てる。

3 委員長は、委員会を代表し会務を総理する。

4 事務局は市民部環境課に置き、事務局長に環境課長を充てる。

5 委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、事務局長がその職務を代理する。

6 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、委員が欠けた場合における補欠の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員会)

第6条 委員会は、委員長が必要と認めたとき、又は委員から要請があったとき委員長が招集する。

(調査依頼)

第7条 条例第9条の規定による調査依頼は、様式第1号により行うものとする。

(身分証明証)

第8条 条例第10条第3項の身分を示す証明証は、様式第2号のとおりとする。

(命令書の記載事項)

第9条 条例第11条第2項の規則で定める事項は、次のとおりとする。

(1) 命令の内容

(2) 命令の年月日及び履行期限

(3) 条例第12条第1号に該当するときは、市長が自ら撤去し処分する旨及び撤去・処分に要した費用の徴収をすることがある旨

(公告の記載事項)

第10条 条例第12条後段の規則で定める事項は、次のとおりとする。

(1) 6箇月以内に当該放置自動車を撤去する旨

(2) 6箇月を経過してもなお放置自動車を撤去しないときは、市長が自ら撤去処分する旨及び撤去・処分に要した費用の徴収をすることがある旨

(撤去の期限)

第11条 条例第12条第1号の規則で定める期間は、6箇月とする。ただし、これにより難い場合は、市長が別に定める。

(補則)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の具志川市放置自転車の発生の防止及び適正な処理に関する条例施行規則(平成14年具志川市規則第13号)、石川市放置自転車の発生の防止及び適正な処理に関する条例施行規則(平成14年石川市規則第27号)又は勝連町放置自動車の発生防止及び適正な処理に関する条例施行規則(平成15年勝連町規則第15号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像画像

画像

うるま市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例施行規則

平成17年4月1日 規則第112号

(平成17年4月1日施行)