○うるま市環境美化推進条例施行規則

平成17年4月1日

規則第113号

(趣旨)

第1条 この規則は、うるま市環境美化推進条例(平成17年うるま市条例第107号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(自動販売機の設置及び変更届出)

第2条 条例第8条第1項に規定する自動販売機の届出は、自動販売機設置届出書(様式第1号)を正副2通提出するものとする。

2 前項の規定による届出者は、その届出に係る事項を変更しようとするときは、自動販売機(変更・廃止)届出書(様式第2号)を正副2通提出するものとする。

3 市長は、前2項による届出書を受理したときは、その1通に届出済印を押して返付するものとする。

4 条例第8条第1項第4号の規則で定める事項は、次に掲げるものとする。

(1) 自動販売機を設置しようとする年月日

(2) 販売する商品の種類

(届出を要しない自動販売機)

第3条 次に掲げる自動販売機は、届出を要しないものとする。

(1) 工場、事務所等の敷地に設置される自動販売機で、その関係者以外利用しないもの

(2) 建物の内部に設置される自動販売機で、常時当該自動販売機を管理する者がいる場合

(承継の届出)

第4条 届出済の自動販売機を譲り受け、又は借り受けた者は、当該届出者の地位を承継する。

2 前項の規定により届出者の地位を承継した者は、承継があった日から15日以内に自動販売機承継届出書(様式第3号)により市長に届け出なければならない。

(届出済証)

第5条 市長は、条例第8条第2条又は前条の規定による届出があったときは、届出に係る自動販売機ごとに自動販売機設置届出済証(様式第4号)を交付しなければならない。

2 前項の届出済証の交付を受けた者は、届出に係る自動販売機の見やすいところに、当該届出済証をちょう付しておかなければならない。

(身分証明書)

第6条 条例第12条第2項に規定する身分証明書は、様式第5号による。

(環境美化推進員証)

第7条 市長は、条例第15条の規定により選定した環境美化推進員(以下「推進員」という。)に対し、環境美化推進員証(様式第6号)を交付するものとする。

(組織)

第8条 推進員の定数は、62人以内とする。

2 推進員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 自治会長から推薦された者

(2) 環境の美化について、理解と関心のある市内居住の者

(任期)

第9条 推進員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の推進員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第10条 推進員は、互選で会長及び副会長を選任することができる。

2 会長は、推進員を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(推進員会議)

第11条 会長は、環境美化推進に関し、情報交換を行うため、推進員会議を適時開催する。

(解職)

第12条 市長は、推進員が次の各号のいずれかに該当するときは、解職することができる。

(1) 推進員が辞退を申し出たとき。

(2) 心身の故障のため業務の遂行に支障があるとき。

(3) 生活環境の保全及び公衆衛生の向上に反する行為をしたとき、又は推進員としてふさわしくないと認められたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が解職する必要があると認められるとき。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の具志川市環境美化推進条例施行規則(平成7年具志川市規則第4号)、勝連町環境美化促進条例施行規則(平成15年勝連町規則第20号)又は与那城町環境美化推進条例施行規則(平成11年与那城町規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

うるま市環境美化推進条例施行規則

平成17年4月1日 規則第113号

(平成17年4月1日施行)