○うるま市農業委員会規則

平成17年4月1日

農業委員会規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、法令に別に定めるもののほか、うるま市農業委員会(以下「委員会」という。)の円滑なる運営を図るため、その組織及び職員並びに所掌事務を定めることを目的とする。

(組織)

第2条 この委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。

(1) 農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)第7条第1項の規定に基づき、うるま市農業委員会の選挙による委員の定数に関する条例(平成17年うるま市条例第116号)で定められた選挙による委員 20人

(2) 法第12条の規定に基づきうるま市長(以下「市長」という。)が選任した同条第1号の委員 3人

(3) 法第12条の規定に基づき市長が選任した同条第2号の委員 4人以内

(会長の互選)

第3条 会長の互選は、委員会の委員の一般選挙後最初に開催される委員会の総会において行う。

(会長の任期)

第4条 会長の任期は、委員の任期間とする。ただし、法第5条第7項の決議により解任された場合は、この限りでない。

2 会長が委員を辞任し、又は会長の職を辞したとき、その他会長が欠けるに至ったときは、その欠けるに至った日から10日以内に互選しなければならない。

(副会長)

第5条 副会長は1人とし、委員の互選により選出する。

2 副会長は、会長が欠けたとき、又は事故があるときは、その職務を代理する。

3 副会長の任期は、会長に準ずる。

(職務代理者)

第6条 会長及び副会長共に欠けたとき、又は事故があるときは会議員の中から互選された者が、その職務を代理する。

(会議)

第7条 委員会の会議は、第2条に掲げた委員全員の会議(以下「会議」という。)とする。

2 会議に関して必要な事項は、別に規則で定める。

第8条 会議は、法第6条第1項第1号から第3号まで及び同条第2項第1号から第5号まで並びに同条第3項に規定する委員会の所掌に属せられた事項を処理する。

(小委員会)

第9条 委員会の所掌事務を円滑かつ正確に処理するとともに農政の諸問題について調査研究するため、1又は2以上の小委員会を設けることができる。

2 小委員会の定数は、会長が会議に諮って定める。

3 小委員会の委員の選任は、会長が会議に諮って定める。

4 小委員会の規程は、別に定める。

(事務局)

第10条 委員会の事務を処理するため事務局を設ける。

2 事務局に関する規程は、委員会が別に定める。

(会長の専決事項)

第11条 会長は、委員会の権限に属する事項でその議決により特に指定するものを専決することができる。

(協力員)

第12条 委員会の運営を円滑ならしめるため協力員を置くことができる。

2 協力員は、非常勤とする。

3 協力員の名称は、農業協力員とし、協力員の委嘱、定数及び任期は会長がこの委員会に諮って定める。

(身分証明書)

第13条 委員会の委員及び職員がその所掌事務を行うため、立入調査をするときの身分を示す証票は、別記様式のとおりとする。

(公印)

第14条 委員会、会長及び会長職務代理者並びに小委員会委員長及び委員長職務代理者の公印を次のように定める。

画像 

画像 

画像 

画像 

画像 

画像 

画像 

 

(公示)

第15条 委員会の公示は、うるま市公告式条例(平成17年うるま市条例第3号)により行うものとする。

(補則)

第16条 この規則に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、会長が委員会に諮って定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の具志川市農業委員会規程(昭和47年具志川市農業委員会規程第1号)、石川市農業委員会規程(昭和47年石川市農業委員会規程第1号)、勝連町農業委員会規程(昭和48年勝連町農業委員会規程第1号)又は与那城町農業委員会規程(昭和47年与那城町農業委員会規程第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成28年7月19日農委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

うるま市農業委員会規則

平成17年4月1日 農業委員会規則第1号

(平成28年7月19日施行)