○うるま市農業委員会小委員会規程

平成17年4月1日

農業委員会告示第1号

(目的)

第1条 この告示は、うるま市農業委員会規則(平成17年うるま市農業委員会規則第1号)第10条第4項の規定に基づき、小委員会の運営について必要な事項を定め、小委員会の所掌事務を円滑かつ適正に処理することを目的とする。

(小委員会の名称及び委員定数)

第2条 小委員会の名称及び委員の定数は、次のとおりとする。

(1) 農務小委員会 5人

(2) 農地小委員会 5人

(委員の任期)

第3条 小委員会の委員の任期は、1年とする。

(委員の選任)

第4条 委員は、会長が会議に諮って指名する。

2 会長は、委員の申出があるときは、会議に諮って当該委員の小委員会の所属を変更することができる。

(委員長及び副委員長)

第5条 小委員会に委員長及び副委員長1人を置く。

2 委員長及び副委員長は、小委員会において互選する。

(委員長及び副委員長がともに欠けたときの互選)

第6条 小委員会の委員長及び副委員長がともに欠けたときは、会長が小委員会の招集日時及び場所を決めて、委員長の互選を行わせる。

2 前項の互選の場合には、年長の委員が委員長の職務を行う。

(委員長の議事整理権及び秩序保持権)

第7条 委員長は、小委員会の議事を整理し、秩序を保持する。

(委員長の職務代行)

第8条 委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、副委員長がその職務を行う。

2 委員長及び副委員長がともに事故があるとき、又は欠けたときは、年長の委員が委員長の職務を行う。

(委員長及び副委員長の辞任)

第9条 委員長及び副委員長が辞任しようとするときは、小委員会の同意を得なければならない。

(招集)

第10条 小委員会は、委員長が招集する。

2 委員の定数の半数以上の者から調査研究すべき事件を示して招集の請求があったときは、委員長は、小委員会を招集しなければならない。

(定足数)

第11条 小委員会は、委員の定数の半数以上の委員が出席しなければ会議を開くことができない。ただし、第13条の規定による除斥のため半数に達しないときは、この限りでない。

(議決の方法)

第12条 小委員会の議決は、出席委員の過半数で決する。可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(委員長及び委員の除斥)

第13条 委員長及び委員は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)第24条に該当するときは、その議事に参与することができない。ただし、小委員会の同意があったときは会議に出席し、発言することができる。

(小委員会の会議及び総会との関係)

第14条 小委員会の所掌に属する事項について、委員長は総会に報告し、会議に諮らなければならない。

2 総会は、小委員会に対し何時でも、その所掌に属する事項について報告を求めることができる。

3 小委員会の委員以外の委員は、委員長の許可を受けて小委員会に出席して意見を述べることができる。

(傍聴の取扱い)

第15条 小委員会は、委員のほか委員長の許可を得た者が傍聴することができる。

2 委員長は、必要があると認めるときは、傍聴人の退場を命ずることができる。

(議事録)

第16条 委員長は、職員をして会議の概要、出席委員の氏名等必要な事項を記載した記録を作成させ、これに署名及び押印しなければならない。

(会議規則との関係)

第17条 この告示に定めのないものは、うるま市農業委員会会議規則(平成17年うるま市農業委員会規則第2号)による。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年4月1日から施行する。

(小委員会委員の定数に関する特例)

2 この告示の施行の日以降最初に行われる農業委員会の選挙により選出された委員等が小委員会委員に選任されるまでの間、第2条に規定する小委員会の委員の定数については、「5人」とあるのを「12人」とする。

附 則(平成28年7月19日農委告示第5号)

この訓令は、平成28年7月19日から施行する。

うるま市農業委員会小委員会規程

平成17年4月1日 農業委員会告示第1号

(平成28年7月19日施行)