○うるま市遊休農地活用推進協議会運営要領

平成17年4月1日

告示第77号

(設置)

第1条 平成7年4月1日7構改B第485号農林水産省構造改善局長通達の遊休農地活用推進事業実施要綱第3の1の(2)に基づき、遊休農地に関する活用方策の検討、地域全体の農地利用上の有効利用を図ることを目的として、うるま市遊休農地活用推進協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(協議会)

第2条 協議会の委員は、うるま市農業構造政策推進会議の委員でもって構成する。

(活動)

第3条 次に掲げる事項の検討を行う。

(1) 遊休農地活用計画の策定

 遊休農地の活用の方向及び時期

 遊休農地の活用のための具体的手法

 その他

(2) 遊休農地活用推進活動

 遊休農地の活用を図ろうとする者の掘り起こし

 遊休農地の情報提供及び助言

 遊休農地の活用に関する啓蒙・普及

(3) 検討方針

 優良農地の介在する遊休農地については、農業的利用を優先するものとする。

 遊休農地の所有者が自ら利用することが困難である場合には、地域の担い手への利用集積、農地保有合理化法人の活用、新規就農希望者への積極的な提供に努める。

(4) 施策及び事業

 遊休農地活用条件整備事業を実施する。

(庶務)

第4条 協議会の庶務は、経済部農政課に置く。

附 則

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

うるま市遊休農地活用推進協議会運営要領

平成17年4月1日 告示第77号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第9編 産業経済/第2章 農林水産/第2節
沿革情報
平成17年4月1日 告示第77号