○うるま市種畜購入補助金交付規程

平成17年4月1日

告示第93号

第1条 家畜の改良増殖を図るため種畜購入に要する経費に対し、毎年度予算の範囲内において補助金を交付する。

第2条 前条の「種畜」とは品質良好な牛、馬、豚、山羊、鶏で、繁殖に供するものをいい、「購入に要する経費」とは種畜の購入価格をいう。

第3条 補助金は、次の各号のいずれかに該当する種畜を購入する者に交付する。

(1) 家畜登録協会の登録証を有するもの

(2) 資質の優秀なもの

第4条 補助金は、種畜1頭(羽)につき購入価格の5割以内とする。ただし、農協有家畜導入事業については、1頭につき5万円以内とする。

第5条 農協有家畜導入事業においては、補助金のすべてが飼養者である農家に還元されるものとする。

第6条 補助金の交付を受けようとする者は、種畜購入補助金交付申請書(様式第1号)を毎年市長が定める日までに提出しなければならない。

第7条 市長は、種畜購入補助金交付申請書を受理したときは、審査の上、適当と認める者に対し条件を付し、購入補助金交付指令を交付する。

第8条 補助金の交付決定の内容又はこれに付した条件に不服があるときは、決定の通知を受けた日から起算して30日経過した日までに申請の取下げをすることができる。ただし、期日を経過した後は、補助事業を遂行しなければならない。

第9条 補助事業者は、補助事業を変更しようとする場合には、補助事業変更承認申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

第10条 補助金交付の決定を受けた補助事業が予定期間内に事業完了しない場合は、その状況を市長に事故報告書(様式第3号)により報告してその指示を受けなければならない。

第11条 補助事業者は、実績報告書(様式第4号)に次の書類を添え、補助事業の完了した日から起算して20日を経過した日又は補助金の交付決定があった年度の3月20日のいずれか早い期日までに市長に提出しなければならない。

(1) 種畜の売買証明書(領収書等)

(2) 品質良好であることを証する書類(登録等に関する証明)

2 補助金は、前項の報告書により検査の上交付する。

第12条 補助事業者は、毎年度の事業成績報告書(様式第5号)を4月末日までに市長に提出しなければならない。

2 この報告は、次条に定める期間遵守しなければならない。

第13条 市長が定める期間は、次のとおりとして、その期間内は、繁殖に供しなければならない。

牛、馬 5箇年

豚、山羊 2箇年

鶏 1箇年

2 次の各号のいずれかに該当する場合は、前項にかかわらず、処分することができる。

(1) 責任者の死亡その他やむを得ぬ事情により、前項の義務を継続することができず種畜義務免除願(様式第6号)により、市長の承認を得たとき。

(2) 疫病その他の理由により、種畜として不適当と認めるとき。

3 前項第2号の場合又はその種畜が死亡した場合は、種畜不適(死亡)(様式第7号)に獣医師の診断書を添えて市長に提出しなければならない。

第14条 種畜購入補助金の交付を受けた者は、次の各号を守らなければならない。

(1) 生産した子豚は、販売価格が同額の場合は、市内を優先して販売しなければならない。

(2) 種豚が種付する場合は、市内の母豚を優先しなければならない。

第15条 補助金の交付又は交付の指令を受けたものが次の各号のいずれかに該当するときは、市長は、補助金交付の指令を取り消し、又は既に交付した補助金の一部若しくは全部の返還を命ずることがある。

(1) この告示に基づく指示に反したとき。

(2) 事業施行の方法が不適当と認めるとき。

(3) その他不正行為があるとき。

第16条 農協有家畜導入事業についての手続等の様式は、この告示様式にかかわらず、県の農協有家畜導入事業補助金交付要綱の様式に準ずるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の具志川市種畜購入補助金交付規程(昭和47年具志川市規程第29号)、石川市優良種畜購入等補助金交付規程(平成2年石川市規程第1号)、勝連町畜産奨励補助金交付規程(昭和50年勝連町規程第8号)、肉用牛購入補助金交付規程(昭和47年与那城町規程第35号)又は種畜購入補助金交付規程(昭和48年与那城町規程第10号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

うるま市種畜購入補助金交付規程

平成17年4月1日 告示第93号

(平成17年4月1日施行)